[楽しい 可愛い 子ども服 と 親子ライフ]のWebマガジン

独創的な世界観を描き出す絵本/映像作家の日本初の大規模個展。 企画展「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」|ちひろ美術館・東京【東京】

 
●日程:2019年5月11日(土)〜7月28日(日)
●会場:ちひろ美術館・東京(東京都練馬区)

オーストラリアの絵本/映像作家、ショーン・タンの日本初の大規模個展となる企画展「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」が、ちひろ美術館・東京(東京都練馬区)で7月28日(日)まで開催中です。

2006年に発表した文字のないグラフィック・ノベル『アライバル』が大きな反響を呼び、その後もその独自の世界観と表現方法が世界中で高い評価を受けている絵本/映像作家、ショーン・タン。

日本初の大規模個展となる同展では、彼が最初に手掛けた絵本『ロスト・シング』から最新作までの原画のほか、スケッチや映像作品、変わった生き物を象った立体作品など、約130点の作品を展示。

彼が作り上げる奇妙で懐かしい、独創的な世界観を存分に楽しめます。


ショーン・タン『アライバル』(河出書房新社)より 2004~2006年

 


ショーン・タン『ロスト・シング』(河出書房新社)より 1999年

 


ショーン・タン いたずらがきをするやつ 2011年

 


ショーン・タン「火曜午後の読書会」『遠い町から来た話』(河出書房新社)より 2004年

 

ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ
 
●日程
2019年5月11日(土)〜7月28日(日)
10:00~17:00(最終入館16:30)
 
●休館日
月曜日(祝休日は開館、翌平日休館)
※7/22は開館
 
●会場
ちひろ美術館・東京
東京都練馬区下石神井4-7-2

 
●料金
入館料:大人800円、高校生以下無料
※1団体(有料入館者10名以上)、学生証をお持ちの方、65歳以上は700円/障害者手帳ご提示の方は400円/介添の方は1名まで無料/視覚障害のある方は無料となります。
※東日本大震災の罹災証明書、または被災証明書をご持参の方は、ちひろ美術館・東京、安曇野ちひろ美術館の入館料が無料となります。受付にてご提示ください。

★人気キッズブランドの2019年春夏コレクションをピックアップ!


★キッズ関連イベント情報はこちらをチェック


★子供服や玩具、雑貨などのアイテム情報はこちらをチェック


©2019 COCOmag