[楽しい 可愛い 子ども服 と 親子ライフ]のWebマガジン

貴重な原画や制作資料など約200点を一挙公開!「クマのプーさん展」|Bunkamura ザ・ミュージアム【東京】

 
●日程:2019年2月9日(土)〜4月14日(日)
●会場:Bunkamura ザ・ミュージアム(東京都渋谷区)

世代を超え愛される、世界一有名なクマ「プーさん」。その魅力や誕生の秘密に迫る展覧会「クマのプーさん展」が、2月9日(土)からBunkamura ザ・ミュージアム(東京都渋谷区)で開催されます。

物語を書いたA.A.ミルンと、イラストを描いたE.H.シェパード、このふたりの共作によって生まれた世界一有名なクマ「プーさん」。

今回の展覧会では、1973年にE.H.シェパードがロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館に寄贈した貴重な原画や資料から、約200点を展示。鉛筆素描画をはじめとする原画のほか、貴重な制作資料や写真、手紙などを通して、誕生から世界中で人気を博するまでの歩みを細かに知ることができます。

そのほか、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館が企画制作した公式図録や展覧会公式グッズなど、会場でしか手に入らない限定アイテムも会場内で販売されます。


「グングン、くつをひっぱったので……」、『クマのプーさん』第8章、
E.H.シェパード、鉛筆画、1926年、V&A所蔵
© The Shepard Trust

 


百町森の地図、『クマのプーさん』見返し用のスケッチ、
E.H.シェパード、鉛筆画、 1926年、V&A所蔵
© The Shepard Trust. Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London

 


「ハチのやつ、なにか、うたぐってるようですよ」、『クマのプーさん』第1章、
E.H.シェパード、鉛筆画、1926年、V&A所蔵
© The Shepard Trust

 


「プーとコブタが、狩りに出て…」、『クマのプーさん』第3章、
E.H.シェパード、ペン画、1926年、 クライブ&アリソン・ビーチャム・コレクション
© The Shepard Trust

 


「枝には、ハチミツのつぼが10ならんでいて、そのまんなかに、プーが…」、『クマのプーさん』第9章、
E.H.シェパード、ラインブロックプリント・手彩色、1970年 英国エグモント社所蔵
© E.H. Shepard colouring 1970 and 1973
© Ernest H. Shepard and Egmont UK Limited

 

クマのプーさん展
 
●日程
2019年2月9日(土)〜4月14日(日)
日曜〜木曜 10:00〜18:00 / 金曜・土曜 10:00〜〜21:00
(入館は各閉館時間の30分前まで)
 
●休館日
2月19日(火)、3月12日(火)
 
●会場
Bunkamura ザ・ミュージアム
東京都渋谷区道玄坂2-24-1

 
●料金
親子券 ¥1,600(¥1,400) ※親子券は一般1名+中学・小学生1名のセット券です(2名一緒に入場)
一般 ¥1,500(¥1,300)、大学・高校生 ¥900(¥700)、中学・小学生 ¥600(¥400)
※()内は前売り・団体料金
※学生は要学生証提示(小学生を除く)

★COCOmagオススメのキッズフォーマルウェアをPICKUP!!


★キッズブランド関連ニュースはこちらをチェック!


★子供服や玩具、雑貨などのアイテム情報はこちらをチェック


©2019 COCOmag