[楽しい 可愛い 子ども服 と 親子ライフ]のWebマガジン

「ズートピア」「ジェラシック・ワールド」「バケモノの子」などの名作を野外上映!! 夏休み恒例の映画祭『第31回 星空の映画祭』【長野】

 
この記事は2年前以上前に書かれた記事です。情報が古くなっている可能性があります。

野外の特設スクリーンで映画鑑賞を楽しめる、恒例の夏休み映画祭『第31回 星空の映画祭』が、長野県諏訪郡の八ヶ岳自然文化園野外ステージで7月29日(金)から開催されます。
cocomag_hoshizoraeiga2016_02

 

★『星空の映画祭』はどんなイベント?

八ヶ岳自然文化園野外ステージに幅11m×高さ5mほどの野外スクリーンを設置。5.1チャンネルの音響で野外映画鑑賞を楽しめる、夏休み恒例の映画祭です。
cocomag_hoshizoraeiga2016_03

 

★どんな作品が上映されるの?

今年春のヒット作「ズートピア」(2016年)や、マット・デイモン主演の「オデッセイ」(2015年)、「バケモノの子」(2015年)、「ジュラシック・ワールド」(2015年)など、親子で楽しめるものを中心に8作品を上映。

そのほか、今年1月に亡くなった世界的なアーティスト、デヴィッド・ボウイの主演作「地球に落ちてきた男」(1976年)もプレミア上映されますよ。

 
晴天時には満天の星空を仰ぎ見ることもできる、ロマンティックな雰囲気の中で名作映画を楽しめる機会だから、ぜひファミリーで足を運んでみて。
cocomag_hoshizoraeiga2016_04

 

『第31回 星空の映画祭』
 
●日程
2016年7月29日(金)〜8月21日(日)
19:00開場/20:00上映スタート
※雨天決行
※8月5日(金)・6日(土)は休映
 
●上映作品
「ズートピア」(2016年)※日本語吹き替え版
「オデッセイ」(2015年)
「バケモノの子」(2015年)
「ジュラシック・ワールド」(2015年)
「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」(2014年)
「セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター」(2014年)
「ロッキー・ホラー・ショー」(1975年)
「地球に落ちてきた男」(1976年)
 
●会場
八ヶ岳自然文化園 野外ステージ
長野県諏訪郡原村17217-1613

 
●料金
大人 1,200円、高校生 1,000円、小・中学生500円、未就学児無料
 
●上映スケジュールなどその他詳細
『星空の映画祭』オフィシャルサイト

cocomag_hoshizoraeiga2016_01

©2019 COCOmag