[楽しい 可愛い 子ども服 と 親子ライフ]のWebマガジン

「白雪姫」から「アナと雪の女王」まで、ディズニー映画のプリンセスの魅力に迫る展覧会『ディズニープリンセスとアナと雪の女王展』【東京】

 
この記事は2年前以上前に書かれた記事です。情報が古くなっている可能性があります。

「白雪姫」から「アナと雪の女王」のアナとエルサまで、これまでのディズニー映画先品から9人のプリンセスを取り上げ、それにまつわる貴重な資料を展示する展覧会『ディズニープリンセスとアナと雪の女王展』が、東京都中央区の松屋銀座で4月13日(水)から開催されます。

©DISNEY

©DISNEY

 

★『ディズニープリンセスとアナと雪の女王展』はどんな展覧会?

ウォルト・ディズニーとウォルト・ディズニー・カンパニーに関する史料を収集・保存するアメリカの「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」や「ウォルト・ディズニ ー・アニメーション・リサーチ・ライブラリー」のコレクションから、ディズニー映画先品に登場する9人のプリンセスにまつわる貴重な資料を多数展示します。

 

★取り上げられるプリンセスは誰?

今回の展覧会でピックアップされるのは、「白雪姫(白雪姫)」「シンデレラ(シンデレラ)」「オーロラ姫(眠れる森の美女)」 「アリエル(リトル・マーメイド)」「ベル(美女と野獣)」「ジャスミン(アラジン)」「ラプンツ ェル(塔の上のラプンツェル)」そして「アナとエルサ(アナと雪の女王)」の9人のプリンセス。

 
それぞれのプリンセスのアートやセル画、実写映画、テーマパークのドレスや小道具、マケット(模型)やフィギュアなど、日本初の一般公開となる展示物を含む貴重なアイテムと資料・400 点以上が展示されるほか、展覧会限定グッズの販売も。ディズニーファンはもちろん、お姫様に憧れている女の子は&ママぜひ足を運んでみて。

「ラプンツェル」ビジュアル開発アート(2010年)©DISNEY

「ラプンツェル」ビジュアル開発アート(2010年)©DISNEY

「白雪姫」 白雪姫のアニメーション参考衣装(1936 年頃)©DISNEY

「白雪姫」 白雪姫のアニメーション参考衣装(1936 年頃)©DISNEY

「アナと雪の女王」アナ&エルサ パーク・コスチューム(2015年)©DISNEY

「アナと雪の女王」アナ&エルサ パーク・コスチューム(2015年)©DISNEY

「アナと雪の女王」アナ&エルサ アニメーション・マケット(2013年)©DISNEY

「アナと雪の女王」アナ&エルサ アニメーション・マケット(2013年)©DISNEY

 

『ディズニープリンセスとアナと雪の女王展』
 
●日程
2016年4月13日(水)〜5月8日(日)10:00〜20:00
※会期中無休
※入場は閉場の30分前まで
※最終日は17:00閉場
 
●入場料
一般 1,500円、高校生 1,200円、中学生〜3歳まで 800 円
 
●会場
松屋銀座 8階イベントスクエア
東京都中央区銀座3-6-1

 
*その他詳細はこちら

©2019 COCOmag