[楽しい 可愛い 子ども服 と 親子ライフ]のWebマガジン

40年以上に渡って愛され続けるサンリオキャラクターの原画展が同時に開催!!『マイメロディ展』&『キキ&ララ展』【東京】

 
この記事は2年前以上前に書かれた記事です。情報が古くなっている可能性があります。

長年に渡り愛され続けているサンリオを代表するキャラクター「マイメロディ」と「リトルツインスターズ(キキ&ララ)」の貴重な原画の展示でその人気の秘密に迫る展覧会『マイメロディ展』&『キキ&ララ展』が、東京都中央区の松屋銀座で3月16日(水)から開催されます。

© 1976, 2016 SANRIO CO., LTD. APPROVAL No. SP562146

© 1976, 2016 SANRIO CO., LTD. APPROVAL No. SP562146

 

★「マイメロディ」と「リトルツインスターズ(キキ&ララ)」はどんなキャラクター?

「マイメロディ」は、ずきんがトレードマークのキャラクター。 そして「リトルツインスターズ(キキ&ララ)」は、遠い星の国で生まれ、地球へやってきた双子の姉弟のキャラクター。どちらも1975年に同じデザイナーの手によって生み出され、誕生から40年経った今でも常にサンリオの人気キャラクターランキングで上位にランクインするなど、長年に渡って愛され続けているキャラクターです。

 

★『マイメロディ展』の見どころは?

『マイメロディ展』では、その後「マイメロディ」となる「赤ずきんちゃん」の物語の原画・全16点を公開。童話「赤ずきん」を モチーフに描かれたというこの原画が16点揃って公開されるのは、本邦初! そのほか、歴代のデザイナーたちが手掛けたイラスト原画・約100点、過去に販売された「マイメロディ」グッズも展示されます。

社内プレゼンテーション用に描いた描いた、童話「赤ずきん」がモチーフのマイメロディ最初期の原画 1970年代

社内プレゼンテーション用に描いた、童話「赤ずきん」がモチーフのマイメロディ最初期の原画 1970年代


社内プレゼンテーション用に描いた描いた、童話「赤ずきん」がモチーフのマイメロディ最初期の原画 1970年代

社内プレゼンテーション用に描いた、童話「赤ずきん」がモチーフのマイメロディ最初期の原画 1970年代


ビニールパース 1975年

ビニールパース 1975年


クッション 1976年

クッション 1976年

 

★『キキ&ララ展』の見どころは?

「リトルツインスターズ(キキ&ララ)」の初代デザイナーが手がけた誕生当時のラフスケッチやデザイン画など、貴重な資料・約40点が展示されるほか、キキとララの誕生物語を描いた絵本用原画9点も公開。この原画が9点揃って公開されるのは、本邦初となります。 そのほか、歴代のデザイナーたちのイラスト原画・約100点や、初代デザイナーが新たに描き起こした原画・約10点、過去に販売されたグッズも展示されます。

絵本用原画 1970年代

絵本用原画 1970年代

ラフスケッチ 1970年代

ラフスケッチ 1970年代

ぬいぐるみ 1977年

ぬいぐるみ 1977年


カップアンドソーサー 1976年

カップアンドソーサー 1976年

 
それ以外にも、展覧会限定グッズの販売や、期間限定の「キャラクターカフェ」がオープンするなど、コンテンツも盛りだくさん! 各キャラクターのファンはもちろん、サンリオファンのキッズ&ママは、ぜひ足を運んでみて。

 

『マイメロディ展』&『キキ&ララ展』
 
●日程
2016年3月16日(水)〜4月4日(月)10:00〜20:00
※会期中無休
※入場は閉場の30分前まで。
※最終日・4月4日(月)は17:00閉場
 
●会場
松屋銀座 8階イベントスクエア
東京都中央区銀座3-6-1

 
●入場料
各展鑑賞券 一般600円、高校生400円、中学生300円、小学生200円
両展鑑賞券 一般1,000円、高校生700円、中学生500円、小学生300円

 
*その他詳細はこちら

©2019 COCOmag