[楽しい 可愛い 子ども服 と 親子ライフ]のWebマガジン

フィンランドを代表するデザインハウス「マリメッコ」の歴史と魅力に触れる展覧会『マリメッコ展』@高知県立美術館

 
この記事は2年前以上前に書かれた記事です。情報が古くなっている可能性があります。

日本でも絶大な人気を誇るフィンランドを代表するデザインハウス「マリメッコ」の歴史と作品群を紹介する、日本国内初の大規模展覧会『マリメッコ展-デザイン、ファブリック、ライフスタイル』が、高知県高知市の高知県立美術館で開催中です。

Unikko pattern designed for Marimekko by Maija Isola in 1964

Unikko pattern designed for Marimekko by Maija Isola in 1964

 

★デザインハウス「マリメッコ」って?

1951年、フィンランドの都市・ヘルシンキで創業されたデザインハウス。テキスタイルデザインを学んだ後に広告代理店で経験を積んだ創業者 アルミ・ラティアと才能に溢れるデザイナーたちが集まり、優れたデザインと巧みなPR 戦略で60年代には世界的なブランドへと成長。大胆・カラフル・抽象的なテキスタイルと、それを使ったアパレル、インテリア、雑貨などが世界中で人気を集めています。

 

★『マリメッコ展』の見どころは?

ヘルシンキのデザイン・ミュージアムの所蔵作品から、マリメッコのファブリック約50点、貴重なヴィンテージドレス約60点、デザイナー自筆のスケッチなど、貴重なアイテムと資料を展示。60年以上に及ぶマリメッコの歴史と、そのデザインが生まれる瞬間とモノ作りの過程を、豊富な展示で垣間見ることができます。

ファブリック≪シィールトラプータルハ≫(市民菜園)、図案デザイン:マイヤ・ロウエカリ、2009年 Siirtolapuutarha pattern designed for Marimekko by Maija Louekari in 2009

ファブリック≪シィールトラプータルハ≫(市民菜園)、図案デザイン:マイヤ・ロウエカリ、2009年
Siirtolapuutarha pattern designed for Marimekko by Maija Louekari in 2009

ファブリック≪カイヴォ≫(泉)、図案デザイン:マイヤ・イソラ、1964年 Kaivo pattern designed for Marimekko by Maija Isola in 1964

ファブリック≪カイヴォ≫(泉)、図案デザイン:マイヤ・イソラ、1964年
Kaivo pattern designed for Marimekko by Maija Isola in 1964

ジャクリーン・ケネディが購入したドレス≪ヘイルヘルマ≫、1959年 ファブリック≪ナスティ≫(小さな無頭釘)、1957年、服飾・図案デザイン:ヴオッコ・ヌルメスニエミ Design Museum / Harry Kivilinna

ジャクリーン・ケネディが購入したドレス≪ヘイルヘルマ≫、1959年
ファブリック≪ナスティ≫(小さな無頭釘)、1957年、服飾・図案デザイン:ヴオッコ・ヌルメスニエミ
Design Museum / Harry Kivilinna

ドレス≪カトリッリ≫ ファブリック≪プケッティ≫(ブーケ)、服飾・図案デザイン:アンニカ・リマラ、1964年 Design Museum Archive

ドレス≪カトリッリ≫
ファブリック≪プケッティ≫(ブーケ)、服飾・図案デザイン:アンニカ・リマラ、1964年
Design Museum Archive

 
日本でも絶大な人気を誇るマリメッコの、国内初の大規模な展覧会。マリメッコファンのママはぜひこの機会に足を運んでみて。

『マリメッコ展-デザイン、ファブリック、ライフスタイル』
 
●期間
2016年1月23日(土)~3月27日(日)
9:00〜17:00(入館〜16:30)
※会期中無休
 
●会場
高知県立美術館
高知県高知市高須353-2

 
●料金
一般 1,100円 / 大学生 800円
高校生以下は無料
 
●その他詳細
『マリメッコ展』特設サイト
©2019 COCOmag