[楽しい 可愛い 子ども服 と 親子ライフ]のWebマガジン

ユニーク&ナンセンスな絵柄で人気を集めた絵本画家・長新太さんの魅力に迫る企画展『長新太の脳内地図』展【神奈川】

 
この記事は2年前以上前に書かれた記事です。情報が古くなっている可能性があります。

ユニークで時にナンセンスな絵柄で人気を集めた絵本画家・長新太さんの絵本やイラストの原画など約300点を展示する企画展『長新太の脳内地図』展が、神奈川県横須賀市の横須賀美術館で開催中です。
cocomag_choushinta_01
長新太《おしゃべりなたまごやき》(福音館書店)1972年 宮城県美術館蔵

 

★長新太さんはどんな作家さんなの?

長新太(ちょう・しんた)さんは、1949年に漫画家としてデビューした後、イラスト、エッセイ、絵本など、2005年に亡くなるまで様々な分野で活躍した作家。中でも絵本の世界に「ナンセンス」な世界観を取り入れたといわれている子供向けの絵本は、世代を超えて人気を集めています。
cocomag_choushinta_02
長新太《ごろごろにゃーん》(福音館書店より)1976年 宮城県美術館蔵

 

★『長新太の脳内地図』展のみどころは?

「イマジネーション」「センスとナンセンス」の二部構成となる会場内には、ママ&パパも見たことがあるはずの絵本の原画が多数展示されるほか、アイデアが描き留められたダミー本、長新太さんが愛用していた品々も展示。300点以上もの出品作品で、長新太さんの作品の魅力に触れることができます。
cocomag_choushinta_03
長新太《キャベツくんのにちようび》(文研出版)1992年 ちひろ美術館寄託

 
また会期中の10月18日(日)には、編み師 203gowさんと一緒にカラフルでユニークな編み物の“変身装置”を作って楽しむ関連ワークショップ「あみあみ顔祭り」も開催されますよ。(事前予約制・詳細はこちら

 

没後10年『長新太の脳内地図』展
 
●会期
2015年9月12日(土)~11月3日(祝・火)
 
●会場
横須賀美術館
神奈川県横須賀市鴨居4-1
TEL.046-845-1211
 
●料金
一般800円、高大・65歳以上600円
*市内在住または在学の高校生は無料
*身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添1名様は無料
インターネット割引券あり
 
●その他
その他詳細はこちら
©2019 COCOmag