[楽しい 可愛い 子ども服 と 親子ライフ]のWebマガジン

世界中で愛される名作アニメーションを生み出したスタジオジブリの制作舞台裏に迫る企画展『ジブリの大博覧会』【愛知】

 
この記事は2年前以上前に書かれた記事です。情報が古くなっている可能性があります。

「風の谷のナウシカ」「となりのトトロ」「もののけ姫」など、自然と人間の共生をテーマに数々の名作アニメーションを生み出してきたスタジオジブリ。その誕生30周年を記念しての企画展『ジブリの大博覧会 -ナウシカからマーニーまで- 』が、9月12日(土)から愛知県長久手市の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で開催されます。

cocomag_studio_ghibli
©1984 二馬力・GH

 

★スタジオジブリって、いったいどんなスタジオ?

アニメーション映画『風の谷のナウシカ』の成功を機に、1985年に設立されたアニメーション制作スタジオ。その後も「天空の城ラピュタ」「となりのトトロ」「魔女の宅急便」など、日本はもちろん世界中のあらゆる年代の人たちから愛される作品を生み出しています。

 

★『ジブリの大博覧会 -ナウシカからマーニーまで- 』はどんな内容の企画展?

モリコロパーク内の「地球市民交流センター体育館」では、映画「思い出のマーニー」で描かれたマーニーの部屋や作品中の重要なシーンを表現した精細なジオラマや背景画の、作品の美術設定資料などを展示。

また「愛・地球博記念館ギャラリー3」では、スタジオジブリがこの30年間で生み出してきた数々の作品から、公開当時のポスターなどを中心に制作資料、企画書などの未公開資料を含む約3,000点の貴重な資料が公開されますよ。

 
数々の名作を生み出してきたスタジオジブリの制作舞台裏を知ることができる、大規模な企画展。トロロやナウシカが大好きな子供たちはもちろん、ママやパパも一緒に楽しめる内容だから、ぜひファミリーで足を運んでみて。

 

『ジブリの大博覧会』
 
●期間
2015年9月12日(土)~11月8日(日)
9:00~17:00(入館は16:30まで)
 
●会場
愛・地球博記念公園(モリコロパーク)
愛知県長久手市 茨ケ廻間乙1533-1

 
●料金
一般1,000円 高校・大学生700円 4才~中学生500円
※地球市民交流センター体育館、愛・地球博記念館ギャラリー3 共通
 
●その他
『ジブリの大博覧会 -ナウシカからマーニーまで- 』公式サイト
©2019 COCOmag