[楽しい 可愛い 子ども服 と 親子ライフ]のWebマガジン

ニューヨーク発のスタイリッシュ&エシカルなキッズブランド[Velveteen]

 


今日紹介するのは、Velveteen(ヴェルヴェティーン)。デザイナーであり代表のローラ・エグロフはニューヨーク出身、現在は香港に拠点を置きながら毎週のようにインドを訪ね、製品管理やスケジュール管理、刺繍の出来のチェックなどを行っています。
cocomag_Velveteen_02
ブランドの歴史はまだ浅く、ベビー&ガールズコレクションを初めて発表したのが2013年6月。しかし2014年、国際的なキッズ展示会「Playtime New York」で注目を集め、イギリスのキッズファッション誌「JuniorMagazin」ジュニアデザインアワードを受賞しました。

このようにアジアからのインスピーレーション、鮮やかで美しい色合い、西洋的なシルエット、自然のファブリックなどのデザイン面が評価されているVelveteenですが、その一方で生産現場のスタッフがフェアトレードの定義に基づいて正当な待遇を受けよう、また継続して収入を供給できるように働きかけたり、ホリデーコレクションのセールイベントを催し、その利益をすべてPrathamUSA Org(インドの子どもたちを通学させる支援活動を行う団体)に寄付するなど、エコ&エシカルなスタンスも評価されています。

また将来的には、Velveteenのアイテムの生産を通じて衣服製造業の基本的な技術をインドなどの生産地に教えながら、アイテムが売れた利益を現地の教育に回す事も考えているのだとか。

そんなファッションを軸としたエコ&エシカルな活動が注目を集めるVelveteenは、今後ワールドワイドに注目を集めるはずのブランドです。

cocomag_Velveteen_03

Alice cardigan / col. Fiji
¥9,600(2歳〜12歳サイズ)
※税別価格

cocomag_Velveteen_04

Amanda ruffle sleeved top / col. Teal
¥7,800(2歳〜12歳サイズ)
※税別価格

cocomag_Velveteen_05

Anais skirt / col. Blush pink
¥7,800(2歳〜12歳サイズ)
※税別価格

cocomag_Velveteen_06

Lisa onesie / col. Chambray
¥10,800 (6ヶ月〜24ヶ月サイズ)
※税別価格

cocomag_Velveteen_07

Nicola halterneck onesie w pompom / col. Gingham
¥9,800(6ヶ月〜24ヶ月サイズ)
Sizes available 6mths-24mths


【Velveteen デザイナー/代表 ローラ・エグロフさんへのQ & A】

Q. 2015春夏シーズンはどんなコレクションになりそうですか?

A. 2015春夏シーズンには、Velveteenにとって初のボーイズラインを発表するほか、ベビー&ガールズコレクションもより幅広い展開にります。私がインスパイアされたハバナやキューバ、南アメリカをモチーフとしたボーイズラインのほか、Velveteenの象徴である刺繍やトリムをふんだんに使用した遊び心いっぱいのドレスやジャンプスーツなどが登場する予定です。


Q. あなたの子どものころの夢を教えてください。

A. ずっとファッションデザイナーにあこがれていました。小さなころよく母親に「いつか大きくなったらハイヒールを履いて仕立ての良いドレスを着るの。」と話していました。

小さな女の子が仕立てにこだわるのは少々おかしなことだったかもしれませんが、私にとってティエリー・ミュグレーやアズディン・アライアの構築されたシルエットは憧れだったのです。


Q. あなたはママであり、Velveteenの代表、デザイナー、プロデューサーと何役もこなすスーパーママですが、仕事と家庭を両立をどのようにやりくりしていますか?とっておきの方法があれば、ぜひ教えてください。

A. ワーキングマザーとして大切なのは規則正しい生活をし、子どもと一緒にいるのに「心ここにあらず」とならないように過ごすことです。

私は一日の仕事を細かく分類しています―子どもたちがオフィスで走り回ったり私の膝に乗っていたりしていてもできる仕事、集中力が必要で子どもが家にいない時にしなければいけない仕事、学校の用やミーティングに向かう間にスマートフォンでできる仕事、です。

一日の終わりには仕事の手を止めて子どもたちと2時間ほど過ごすようにしています。夕食を一緒に食べてお風呂に入り、寝る前に読み聞かせをします。一日の中で私が最も好きな時間です。


Q. あなたは東南アジアの中心である香港に住むジェットセッターですが、子ども連れで旅行をするのにおすすめのスポットはありますか?

A. 香港は地元の人にも旅行者にもショッピングが中心の町だと思われていますが、私は子どもたちと家を飛び出して外で遊ぶことが大好きです。

いくつかある中で気に入っているのはジャンクボートの上で親しい友人や家族と過ごすことです。海から見える島々を子どもたちに見せていると冒険している気分になります。

ランチを詰め込んで山の上にある公園やSouth bay Beachでピクニックをすることもあります。夜はホンコンクリケットクラブで夕食の時間を過ごしたりもします。

雨で外出できない日はアート&クラフトをして家で過ごします。子どもたちに’Book About Me’を与えて家族の家系図を書かせたりもしています。家族や親せきと遠く離れていても自分のルーツや居場所を知っておくことが大切だと思うからです。

©2019 COCOmag