[楽しい 可愛い 子ども服 と 親子ライフ]のWebマガジン

ムーミンの生みの親でもある女性アーティストの魅力に触れる展覧会[生誕100周年 トーベ・ヤンソン展 〜ムーミンと生きる〜]【神奈川】

 
この記事は2年前以上前に書かれた記事です。情報が古くなっている可能性があります。

「ムーミン」シリーズの原作者としてはもちろん、画家として数々の作品を残したフィンランドの芸術家、トーベ・ヤンソン。彼女の生誕100年を記念しての展覧会[生誕100周年 トーベ・ヤンソン展 〜ムーミンと生きる〜]が、横浜市西区のそごう美術館で開催中です。
cocomag_Tove Marika Jansson05
会場内では、日本初公開の作品を含めた「ムーミン」シリーズの挿絵原画のほか、風刺雑誌「ガルム」、「不思議の国のアリス」といった小説の挿絵など、彼女の挿絵作品を多数展示。
cocomag_Tove Marika Jansson04
cocomag_Tove Marika Jansson01
cocomag_Tove Marika Jansson02
cocomag_Tove Marika Jansson03
そのほか、日本ではあまり見ることがなかった彼女の油彩作品や水彩作品、トーベの兄弟や近しい人々が撮りためた写真資料などが多数展示されるほか、彼女が夏を過ごした別宅「夏の家」の再現展示も行われます。

世界中から愛される「ムーミン」シリーズと、それとはまた違う世界観の作品でトーベ・ヤンソンの魅力に触れられる展覧会だから、ぜひファミリーで足を運んでみて。

●生誕100周年 トーベ・ヤンソン展 〜ムーミンと生きる〜

▶日程
2014年10月23日(木)〜11月30日(日) 会期中無休

▶会場
そごう美術館
神奈川県横浜市西区高島2-18-1

▶料金
大人1000円、大学・高校生800円、中学・小学生500円、未就学児無料
※消費税含む

*その他詳細はこちら
[生誕100周年 トーベ・ヤンソン展]特別ページ

©2019 COCOmag