[楽しい 可愛い 子ども服 と 親子ライフ]のWebマガジン

想像の世界のキャラクターをデザインした WE WERE SMALL

 
この記事は2年前以上前に書かれた記事です。情報が古くなっている可能性があります。

不思議なフォルムをしたキャラクターのアップリケをあしらったカットソーが人気のブランド・WE WERE SMALL(ウィーワースモール)。ベルギー発のこのブランドから、今日は春の新作を紹介します!

ブランドディレクターの愛娘・リンちゃんが自由に描いた絵をそのままフェルトのアップリケにした、シンプルでキュートなデザインが人気のWE WERE SMALL。柔らかい色調のボディと、インパクトのある色使いのアップリケとのコンビネーションも新鮮で、これからの季節に着こなしたいアイテムが揃っています。

今日はそんなコレクションから、オススメをピックアップ。ひとつめは、こんなデザイン。

大きな目玉のこのキャラクターの名前は、Tik。淡いブルーとオレンジの色合わせが爽やかです。

フェルトを色ごとに重ねて作ったアップリケ。

適度な立体感が、不思議なキャラクターのデザインに表情を与えてくれます。

首の後ろには、胸のアップリケと同色のアクセント。

Tシャツ類には全てこんなディテールがデザインされていますよ。


次に紹介するのは、Mo

こちらは淡いブラウンと鮮やかなオレンジの色合わせ。

ベビーサイズのTシャツは、首の後ろがスナップボタンになっていて着たり脱いだりしやすいデザインです。


続いて紹介するのは、こんなキャラクター。

タテガミみたいなシルエットのPaulo

トーンを変えたグリーンの色使いや大きな目玉のバランスなど、見れば見るほど不思議なキャラクターデザインです。


そして夏に向けてタンクトップもラインナップ。

Woは、太めのステッチでキャラクターのシルエットをデザイン。

首の後ろには、もちろんキャラクターと同色のアクセントがあしらってありますよ。


不思議なキャラクターたちは、リンちゃんの想像の世界の住人たち。商品のデザインのために作られたキャラクターではなく、彼女自身が夢の中で出会ったキャラクターたちを思い出しながらノビノビと描いた絵で、そんな子どもならではの自由な感覚がWE WERE SMALLの魅力なんです。

しかし残念ながら、リンちゃんが絵を描くこと以上に昨年誕生した双子の弟と妹のお世話に夢中になっているという、なんとも素敵な理由から(笑)、WE WERE SMALLは今シーズンを持ってブランドとしての活動を終了することが決まっています。あくまでもリンちゃんの自由な世界を大切にしたいという、パパでもあるブランドディレクターの決断です。

ひょっとしたら、また何年後かには新しい形で素敵な何かを届けてくれるかもしれない、リンちゃんの最後のコレクション。気になっていたキッズ&ママは、この機会にぜひチェックしてみてね。


・Tik ¥4830〜¥5145(80〜130cm)
・Mo ¥4830〜¥5145(80〜130cm)
・Paulo ¥4830〜¥5145(80〜130cm)
・Wo ¥3045(80〜130cm)


●商品についてのお問い合わせ
日本代理店:Peeka-Booyahホームページ → Peeka-Booyah


●LOOP × COCOmagスペシャルページ


●WE WERE SMALLの商品をお取り扱いのショップ様へ…COCOmag商品画像提供サービスのお知らせ

©2019 COCOmag