[楽しい 可愛い 子ども服 と 親子ライフ]のWebマガジン

絵本原画やドローイングなど日本初公開を含む約300点を公開!「ブルーノ・ムナーリ 役に立たない機械をつくった男」|世田谷美術館【東京】

 
●日程:2018年11月17日(土)〜2019年1月27日(日)
●会場:世田谷美術館(東京都世田谷区)

20世紀イタリアを代表する美術家・デザイナー、ブルーノ・ムナーリの回顧展「ブルーノ・ムナーリ 役に立たない機械をつくった男」が、2019年1月27日(日)まで世田谷美術館(東京都世田谷区)で開催中です。


《わかったよ。みんな、買うよ ジャンニ・ロダーリ『クリスマスツリーの惑星』のための挿絵の習作》 制作年不詳(1962年)パルマ大学CSAC

画家、彫刻家、グラフィックデザイナー、発明家、絵本作家など、あらゆる肩書きで活躍したブルーノ・ムナーリ。

その生涯を振り返る今回の展覧会では、5歳になる息子のために制作された絵本『読めない本』の試作など、日本初公開作品を含む約300点を展示。アートから子供のための造形教育まで、彼の幅広い創作活動を一堂に紹介します。


《読めない本の試作》 1955年 パルマ大学CSAC

《陰と陽》 1953年 ジャックリーン・ヴォドツ・エ・ブルーノ・ダネーゼ財団
Photo: Roberto Marossi. Courtesy Fondazione Jacqueline Vodoz e Bruno Danese

《『みどりずきんちゃん』のためのイラストレーションとレイアウト》製作年不明(1972年) パルマ大学CSAC

《役に立たない機械》1934年/1983年 特定非営利活動法人市民の芸術活動推進委員会

《木々》 1993年 バッコリ・コレクション

《みたての石》 1985年 特定非営利活動法人市民の芸術活動推進委員会

© Bruno Munari. All rights reserved to Maurizio Corraini srl. Courtesy by Alberto Munari

ブルーノ・ムナーリ 役に立たない機械をつくった男
 
●日程
2018年11月17日(土)〜2019年1月27日(日)
10:00~18:00(入場は17:30まで)
 
 
●休館日
毎週月曜日
2018年12月29日(土)〜2019年1月3日(木)
※ただし2018年12月24日(月・振替休日)、2019年1月14日(月・祝)は開館、翌2018年12月25日(火)、2019年1月15日(火)は休館。
●会場
世田谷美術館 1階展示室
東京都世田谷区砧公園1-2

 
●料金
一般1,000円、65歳以上800円、大高生800円、中小生500円
※障害者の方は500円。ただし小・中・高・大学生の障害者は無料、介助者(当該障害者1名につき1名)は無料。
 
*その他詳細はこちら

★2018秋冬シーズンの最新キッズブランド情報はこちらから!
[2018 AUTUMUN & WINTER キッズブランドカタログ]


★キッズブランド関連ニュースはこちらをチェック!


★子供服や玩具、雑貨などのアイテム情報はこちらをチェック


©2018 COCOmag