[楽しい 可愛い 子ども服 と 親子ライフ]のWebマガジン

COCOmag COLUMN _ 子供服の「サブスクリプション」に絶対必要なものは?(2018.7.31)

 

皆さん、サブスクリプションサービス、利用していますか? AppleMusicやSpotify、NetflixやAmazon プライム・ビデオといった音楽・映像系サービスを利用されている方はかなり多いのでは?と思いますし、それ以外にも雑誌の定期購読も一種のサブスクリプションサービスにあたりますが、利用中の方はそれなりにいらっしゃるような気がします。

一定期間に一定額を支払うことでサービスや商品を受け取るサブスクリプションサービスですが、ファッション関連では2018年2月にサービスがスタートして話題となった、ZOZO「おまかせ定期便」が記憶にも新しいところ。それ以外にもファッション系の定額制購入またはレンタルサービスは多数運営されていますし、中にはバッグやジュエリーなどジャンルを絞り込んだもの、男性向けには一般的なサラリーマンパパには欠かせないスーツのサブスクリプションサービス「suitsbox」なんてのもあります。

 
このようにレディース・メンズのファッション系サブスクリプションサービスは多岐にわたるのですが、子供関連をチェックしてみると、国内では玩具やベビー・育児関連ではいくつかのサービスがあるものの、100cm〜140cmくらいまでのいわゆる「子供服」については、一部のリユース(再利用・古着)サービスを除いては目立ったものが見当たらない状態です。

 
アメリカでは、2016年創業の「ROCKETS OF AWSOME」という子供服のサブスクリプションサービスが好調とのこと。会員になると、サイズ・好みに合わせたアイテム8〜12点が年4回のシーズン立ち上がりの時期に届き、その中から気に入ったものは買い取り、残りは着払いで返送できるシステムです。ZOZO「おまかせ定期便」と同じような印象ですね。

 
「最低限のオシャレはしておきたいけど、服を選ぶのはちょっと面倒」という方、または「服を選ぶ自信がない」といった方なら、このようなサービスにファストファッション系ブランドのシーズンアイテムを組み合わせれば、シーズンごとのオシャレを楽しめるとは思うのですが、この形式のサービスではちょっと満足できないかも?と利用前に感じてしまう方にとっては、どうなのでしょう?

ショップに足を運び、試着し、スタッフから着こなし方や流行りの情報をもらって、何ならそっちのほうがちょっと楽しくて、気分転換にもなって…なんていうオシャレすることに時間を割きたい方にとっては、魅力的なファッション系サブスクリプションサービスはまだ現れていないような気がします。

 
「そういう人は、そもそもサブスクリプションサービス使わないんじゃ?」と言われれば恐らくその通りなのですが(笑)、子供服のオシャレを考えた場合、育児にまつわるアレコレで手も時間も回らないとか、まだ子供が小さくて落ち着いて一緒にショッピングできないとか、オシャレに時間を割きたくても割けない状況があるはずで、そんな人にこそ便利にオシャレを楽しめるサービスが提供されるべきでは?と思います。

 
ではオシャレ好きなママ・パパがすんなりと利用できる子供服サブスクリプションサービスってどんなものなのか?を考えた場合、

1.感度の高いデザインのアイテムが充実している
2.その組み合わせ方にトレンド感やフレッシュ感がある
3.価格的に手頃である

…という3つのポイントは、必須の項目でしょう。価格以外は数値化しにくいものなので、その感覚の部分をどう納得してもらうのかは難しいところなのですが。

 
そこで思うのは、その数値化しにくい感覚の部分を丁寧に埋めることができるのは、実は大手セレクトショップやショッピングサービス、メーカーではなく、ポリシーや個性を持って運営されている子供服セレクトショップなのではないか?ということです。

子供服セレクトショップのバイヤーやオーナーさんとお話していると、「お客さんの顔、その子供さんの顔を思い浮かべながら『あの子にはこのトップスが絶対似合う!』なんて思いながら展示会でのオーダーを決める」という話をよく聞くことがあります。

お客さんの好みの情報を把握している、それに合わせた提案がほぼ毎回できている、そしてお客さんもその提案に満足しているという3つの項目が綺麗なトライアングルとなっている訳ですが、ショップとお客さんとの良い意味での近い距離感、細かな対応力が、サブスクリプションサービスにプラスできたら…と思うのですが、どうでしょうか?

 
参考として挙げたいのが、北海道の書店・いわた書店さん。好みや読書遍歴、時には生い立ちやこれまでの人生なども踏まえて、その人にあった本を約10,000円分セレクトして届ける「一万円選書」サービスの書店としてよくメディアで取り上げられています。

数ヶ月前に某TV番組でも取り上げられていましたが、サービスに申し込まれた方の情報が詰まった「カルテ」をもとに、店主が思いを巡らせて丁寧に本を選ばれていく姿がとても印象的でした。そして選ばれた本を受け取った人たちも、自分では選ばないであろう本との出会いに嬉しさを感じたり、現状にピッタリのテーマの本との出会いに何かを思い返すような表情だったりして、本が手元に届くことでこんなにも感情を揺さぶられるものなんだな…と。

こちらの「一万円選書」サービスは定期的なものではなく、サブスクリプションサービスとの直接的な比較は難しいのですが、丁寧に向き合って選ばれたものは、そのぶん、その説得力や満足感が増すものだと思います。

 
そんな事も踏まえて、あらためてシャレ好きなママ・パパがすんなりと利用できる子供服サブスクリプションサービスについて考えた場合、前述した、

1.感度の高いデザインのアイテムが充実している
2.その組み合わせ方にトレンド感やフレッシュ感がある
3.価格的に手頃である

…という3つのポイントに加えて、

4.顧客の好みなどの情報をきめ細かく把握し、それに向き合った提案ができている

…ということがファッションに特化したサブスクリプションサービスでは必要なはずで、前述のショップバイヤーさんのようにお客さん(=ママ・パパ)の気持ちに寄り添える提案ができるサービスなら、消耗品としてではなくより趣味性の高いものを提供し、それを着ている場面を親子の思い出の中にも残してもらえるのではないかと思えます。

そしてこの4つ目のポイントは、こちらも前述のように大手のセレクトショップ、ショッピングサービス、メーカーではなく、ポリシーのあるセレクトで個性を打ち出して運営されている子供服セレクトショップこそが得意としている部分でもあるはずです。

 
ブランドのネームバリューや“プロ〇〇○○”みたいな肩書ではなく、「私や子供の好みをとても理解してくれている、あの人、あのショップ」になら安心して服選びを託せられるし、またそれが楽しみにもなるはず。この方向性では、ショップの運営と同じく「誰にでも幅広く」というタイプのものにはならないかもしれませんが、そんなサービスがそろそろ出てきてもいいのではないかな?…と感じています。

(COCOmag編集部・柳原)

 


★ドメスティック&インポートの人気キッズブランドから、この夏のおすすめトップスを紹介!
[2018夏の子供服・おすすめトップス PICKUP!!]


★キッズアメカジブランド・PONY GO ROUND の2018春夏オススメコーディネート&最新アイテムをピックアップ!
[PONY GO ROUND 2018 SPRING & SUMMER COLLECTION][PR]


★2018春夏シーズンの最新キッズブランド情報はこちらから!
[2018 SPRING & SUMMER キッズブランドカタログ]


★キッズブランド関連ニュースはこちらをチェック!


★子供服や玩具、雑貨などのアイテム情報はこちらをチェック


©2018 COCOmag