[楽しい 可愛い 子ども服 と 親子ライフ]のWebマガジン

芸術家兄弟が生み出した、チェコの“子供のための芸術”の世界を紹介「チャペック兄弟と子どもの世界」|芦屋市立美術博物館【兵庫】

●日程:2018年7月1日(日)〜9月9日(日)
●会場:芦屋市立美術博物館(兵庫県芦屋市)

作家・劇作家などとして活躍し、「ロボット」という言葉の生みの親としても知られるチェコの作家 カレル・チャペックと、作家・造形作家として活躍した、ヨゼフ・チャペック。この兄弟が残した貴重な作品や資料などを紹介する展覧会「チャペック兄弟と子どもの世界」が、9月9日(日)まで芦屋市立美術博物館(兵庫県芦屋市)で開催中です。

会場内では、ヨゼフ・チャペックによる絵本原画に加え、これまで日本でほとんど紹介される機会のなかった彼の油彩やパステル画、ドローイングなどを展示。またカレル・チャペックの代表作『ダーシェンカ』の写真やデッサンなど、初公開を含む幅広い作品と貴重な資料を展示します。


ヨゼフ・チャペック 《リンゴが入った籠を持つ少年》 1930年 鉛筆、紙 個人蔵、プラハ

 


ヨゼフ・チャペック 《こいぬとこねこは愉快な仲間》 1929年 インク、水彩、クレヨン、紙 スロヴァキア国立美術館

 


ヨゼフ・チャペック 《ミンダと散歩するカレル・チャペック》 1926-1930年 鉛筆、インク、紙 プラハ10区

 


ヨゼフ・チャペック 《楽しい川辺》 1933年 インク、クレヨン、紙 個人蔵、プラハ

 


ヨゼフ・チャペック 《水浴び》 1928-1935年 パステル、紙 個人蔵、プラハ

 
チャペック兄弟の温かい視点から生み出された、チェコの優れた子供のための芸術の世界を楽しめる展覧会です。

チャペック兄弟と子どもの世界
 
●日程
2018年7月1日(日)〜9月9日(日)
10:00〜17:00(入館は16:30まで)
 
●休館日
月曜日(ただし7/16は開館、7/17は休館)
 
●会場
芦屋市立美術博物館
兵庫県芦屋市伊勢町12-25

 
●料金
一般800(640)円、大高生600(480)円、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金。高齢者(65歳以上)および身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方ならびにその介護の方は各当日料金の半額になります。
※7月22日(日)、8月15日(水)は観覧無料


*その他詳細はこちら
関連イベント「子どもも楽しめる3つの美術館をまわろう!」
阪神間でこの夏に開催される、同展を含む下記の3つの展覧会で、入館料の相互割引を実施。各展覧会の半券をチケット販売窓口で呈示すれば、団体料金で入館できます。


「2018 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」|西宮市大谷記念美術館|8月11日(土・祝)〜9月24日(月・振休)
「チャペック兄弟と子どもの世界」展|芦屋市立美術博物館|7月1日(日)〜9月9日(日)
「みんなのレオ・レオーニ展」|伊丹市立美術館|8月11日(土・祝)〜9月24日(月・振休)
※会期中、半券1枚につき1名のみ・各展1回ずつ有効

★ドメスティック&インポートの人気キッズブランドから、この夏のおすすめトップスを紹介!
[2018夏の子供服・おすすめトップス PICKUP!!]


★キッズアメカジブランド・PONY GO ROUND の2018春夏オススメコーディネート&最新アイテムをピックアップ!
[PONY GO ROUND 2018 SPRING & SUMMER COLLECTION][PR]


★2018春夏シーズンの最新キッズブランド情報はこちらから!
[2018 SPRING & SUMMER キッズブランドカタログ]


★キッズ関連イベント情報はこちらをチェック


★キッズブランド関連ニュースはこちらをチェック!


★子供服や玩具、雑貨などのアイテム情報はこちらをチェック


©2018 COCOmag