[楽しい 可愛い 子ども服 と 親子ライフ]のWebマガジン

《イベントレポート》人気キッズブランド・frankygrowのランウェイショー「FRANKY GROW 2017 COLLECTION “HIKARI”」[レポート動画あり]


「SIMPLE POP!」がコンセプトの人気キッズブランド・frankygrow(フランキーグロウ)のファッションショーイベント「FRANKY GROW 2017 COLLECTION “HIKARI”」が、去る7月22日(土)に山梨県北杜市のNAKAMURA KEITH HARING COLLECTION(中村キース・ヘリング美術館)で開催されました。

 
会場となった「NAKAMURA KEITH HARING COLLECTION」は、80年代のアメリカンポップアートを代表するアーティスト、キース・ヘリングの作品を集めた美術館。

雑誌や広告などさまざまなジャンルで活躍する人気スタイリスト・相澤 樹(あいざわ みき)さんがランウェイを飾ったモデルたちのスタイリングを担当し、ファッション・音楽・現代美術のフィールドで様々なクリエイティブワークを手掛けるクリエイティブユニット・CATTLEYA TOKYO(カトレヤトウキョウ)がイベント全体のディレクションを手掛けました。

 
当日は、美術館の屋内展示スペースと中庭スペース、そしてその2つの空間を結ぶ通路をステージ&ランウェイに見立て、キッズサイズからジュニアサイズ、レディース&メンズサイズまで幅広いサイズのスタイリングを公開。









photo by Yuki Ohashi

 
15:00からは「FRIENDS PREVIEW」として一般公開のランウェイショーが、少し間を置いて夕方からは「PRESS PREVIEW」としてプレス向けのランウェイショーが開催され、それぞれランウェイショーの最後にはSachiko Tonakiのソロプロジェクト・MAISON “SEEK”のライブパフォーマンスが組み込まれたほか、当日15:00からの一般公開ショーの後には、CATTLEYA TOKYOがシングル「手の鳴る方へ」のPVを制作したことのある4人組バンド・無人島レコードのライブも行われました。


photo by Yuki Ohashi

 
ディレクションを手掛けたCATTLEYA TOKYOによる当日のムービーがこちら。ショーのスタート前からの当日の雰囲気が伝わってきます。

「FRANKY GROW 2017 COLLECTION “HIKARI” OFFICIAL MOVIE」by CATTLEYA TOKYO

 
COCOmag編集部は、当日15:00から一般公開ショーでの中庭スペースの様子をCOCOmagのInstagramアカウントでライブ配信。その後は夕方からのプレス向けショーを屋内展示スペースで見学したのですが、2回のショーを見学して感じたのは、ブランドコンセプトの「SIMPLE POP!」が表している「二面性」が、さまざまな演出でショーの中に織り込まれていたということでした。

 
相澤 樹さんによるスタイリングは、モノトーンのコーディネイトからスタートし、徐々に色彩を帯びカラフルな着こなしへと変化していくもの。それに合わせ、B.A.L(nakajima yumi)さんが手掛けたヘアメイクでモデルたちの髪にセットされた球体もモノトーンカラーから力を帯びたような明るいカラーへと変化していき、その一連の流れはfrankygrowというブランドが持つ二面性を、モノトーン / カラフルといった色の対比であらためて表現しているかのようでした。

 
そして、今回のショーのテーマでもあった「生と性の尊さ」も、それと同じような二面性を感じさせる言葉です。

1990年に31歳の若さで夭折したキース・ヘリングは、当時自らがHIVキャリアであることを公表し、それ以降はその作品を通してAIDS撲滅活動に積極的に関わったアーティスト。そんな彼の作品を所蔵する美術館の中庭スペースには、今回のショーイベントに合わせfrankygrowのここ数シーズンのシンボルとなっているクマのシルエットのオブジェが設置されました。


photo by Yuki Ohashi

ワイヤーで編み上げられたクマのオブジェは、プロップスタイリストのShizuka Aoki(CATTLEYA TOKYO)による作品。そこにTakuto Aikabeさんによるフラワーデコレーションが施され、色鮮やかな花と黒いワイヤーとの対比が、“生”と“性”の光輝く部分と暗くネガティブな部分の対比を表しているかのよう。

そしてその対比が左右や上下に二分割されたものではなく、全身の中で入り組み、絡み合っていることが、人が誰でも持っている二面性や多様性を表しているようにも感じられ、デザイナーのChizさんが先日のCOCOmagインタビューでも語っていた「人の中にある光と影の対比」の大切さが、まさにショー全体で表現されているといった印象でした。

 
アイテムのデザインやカタログなどのビジュアルとはまた違った手法でブランドの世界観をアピールした、今回のランウェイショーイベント「FRANKY GROW 2017 COLLECTION “HIKARI”」。今までも他のキッズブランドとは一線を画した展開で話題を読んできたfrankygrowでしたが、その方向性がより強まった印象を持ったのと同時に、このようにブランドがその世界観を自ら強く打ち出すことの重要性を再認識したイベントでもありました。

 
[ FRANKY GROW 2017 COLLECTION “HIKARI” ](2017.07.22)レポート by COCOmag

[ FRANKY GROW 2017 COLLECTION “HIKARI” ]
2017.07.22
@NAKAMURA KEITH HARING COLLECTION
 
FASHION BRAND : frankygrow
FASHION DESIGNER : Chizuko Takai
CREATIVE DIRECTION : Cattleya Tokyo
LOCATION : Nakamura Keith Haring Collection
MODEL : Una, Mei Nagasawa, Takuma Iwasaki, Anna, Mei, Sakutaro, Shieko, Makoto, Aoi, Amato, Ramu, Rion, Riru, Nika, Maru, Taiyou, Fuga, Nao
MUSIC : Maison“SEEK”, Mujinto Record
PROPS : Shizuka Aoki (CATTLEYA TOKYO)
FLOWER DECORATION : Takuto Aikabe
STYLIST : Miki Aizawa
HAIR & MAKE : B.A.L
CATTLEYA TOKYO : Koji Shiouchi, Mai Shiraishi, Kota Tsukamoto, Koichiro Kitashita, Shizuka Aoki, Yuki Shiwa, Natsumi Sekiya, Keito Suzuki, Ayana Inoue
VIDEOGRAPHER : Koichiro Kitashita, Ai Tojima, Gael Delhaye
PHOTOGRAPHER : Yuki Ohashi, Gael Delhaye
DRONE OPERATOR : Taichi Itai
【デザイナーインタビュー】
キッズ&レディースブランド[frankygrow]デザイナー Chizさん_「手に取ることで、着ることで、子供もママも気分がポジティブになれる。そんなブランドでありたい」

★2017年・夏休みのキッズ関連イベント情報はこちらをチェック!


★人気キッズブランドから、2017夏シーズンのCOCOmagレコメンドアイテムをピックアップ!
[COCOmagオススメ 2017夏のキッズアイテム]


★ママ・パパにも負けない! 最新トレンドをミックスした2017春のキッズコーディネート提案
[2017 SPRING COCOmag KIDS COORDINATE _ ハルノ ココマグ オススメコーデ]


★130cmオーバーなジュニアサイズのBOYS & GIRLS 春コーディネート提案
[ちょっぴりオトナなジュニアの春コーデ_2017 SPRING JUNIOR-SIZE COORDINATE]


★COCOmagおすすめブランドから2017春夏・最新コーディネートをピックアップ!
[2017 SPRING & SUMMER KIDS BRAND COLLECTION]


★2017春夏シーズンの最新キッズブランド情報はこちらから!
[2017春夏シーズン キッズブランドカタログ]

©2017 COCOmag