[楽しい 可愛い 子ども服 と 親子ライフ]のWebマガジン

駒の動かし方をグラフィカルにデザイン! ユニバーサルデザインのクールな将棋駒[大明駒]

天才と謳われる中学生プロ棋士が誕生したり、将棋をテーマにした漫画がアニメ化&映画化されたりと、最近なにかと将棋が取り上げられること、多くなってますよね。

その影響で子供たちはもちろん、パパやママの中にも将棋を始めてみたいという人もいるはずだけど、まず覚えないといけないのが、盤上での駒の動かし方。

真っ直ぐにしか動かせない駒、斜めにしか動かせない駒など、駒ごとに異なる動かし方を覚えるのが将棋のルールを覚える第一難関だけれど、それを視覚的にデザインしてみたら…こんなスタイリッシュな将棋駒になりました。

この将棋駒「大明駒」(たいめいごま)は、様々なジャンルのグラフィックデザインなどを手掛けるアートディレクター・稲葉大明さんが手掛けたもの。

それぞれの駒の動かせる方向と動かせない方向をグラフィカルに塗り分けて、見た目で駒の動きを理解できるようにデザインされているんです。

駒は「将棋の町」と呼ばれる山形県天童市産で、ひとつずつ丁寧に手塗りれたもの。色の塗り分けで駒の動きを理解できるから、熟練度はもちろん、言葉の壁も超えて将棋を楽しめそうですよね。

それに国旗やシンボルのようなグラフィックと、木の地肌にゴールド・シルバー・ブラックを組み合わせた色使いで、駒のひとつひとつがまるでクールなオブジェのよう。勝負しないときは並べておくだけで、インテリアのアクセントにもなってくれそうですよね。

・大明駒 楓(かえで) ¥9,000
・大明駒 斧折(おれのれ) ¥15,000
・大明駒 黄楊(つげ) ¥25,000
*税別価格
*将棋盤は別売りです
©2017 COCOmag