COCOmag

menu

2010春デビューのブランド  good evening

この記事は2年前以上前に書かれた記事です。情報が古くなっている可能性があります。

今日はこの春にデビューしたキッズブランド good evening(グッドイブニング)を紹介。  

20100722-01.jpg

 「◯◯みたいな雰囲気」とか、「◯◯というジャンル」とか。モノゴトを言い表すのに便利な、そんな例えはキッズファッションの世界でも積極的かつ効果的に使われていますよね。

でもそんな“例え”だけでは言い表せない雰囲気や空気感は、どう言い表すべきなのか。

今日紹介する good evening(グッドイブニング)は、まさにそんなブランド。「◯◯系」という安易なジャンル分けには収まらない、オリジナルな世界観が楽しめるアイテムが揃っているのです。

じゃあ、ひとつずつ紹介して行きましょうか。

まずはこれ。シフォンマントコンビネゾン

COCO mag_goodevening_01.jpg

オフホワイトとブラックのシンプルなツナギに、シフォンのミニマントをセット。ノースリーブの肩の上からフンワリとマントが覆います。ウエストには少し光沢のあるラインのリボンを付けてアクセントに。

シフォンのマントは背中にまわしてこんな風にも着こなせます。

COCO mag_goodevening_02.jpg

カワイイよね、これ。サイズは100・110cmの2サイズ、価格は¥12800(税込)。
(5月販売予定・実際の商品はボタンが白に、マントの先に手首を通せるようになります)

 

次はこれ。カラーポケットジャケット

COCO mag_goodevening_03.jpg

ちょっぴりタイトな3ボタンのジャケットは、セーラーパンツとのセットアップでフォーマルなシーンにも。胸や両脇など4カ所のポケットの内側にはカラフルな布が縫い付けられているのので… 

COCO mag_goodevening_14.jpg

こんな感じで、ポケットの中の色がチラリと見えてイイ感じのカジュアルダウンが楽しめます。ジャケットも、少しフレア気味のシルエットが可愛いパンツも、どちらもストレッチのきいた素材なので見た目のシェイプ感とは裏腹に動きやすいのもイイ感じ。

カラーポケットジャケットは100・110・120cmの3サイズ、価格は¥13600(税込)。
スムースセーラーパンツは100・110・120cmの3サイズ、価格は¥8300(税込)。

 

次はバックフリルブラウス

COCO mag_goodevening_06.jpg

写真は背中側を撮ったもの。背中に立体的なボタンと、大きくたっぷりなフリル。フロントは何もないプレーンなデザインだから、バックスタイルとのギャップで魅せる一着。シンプルに見えて実は凝ったデザイン。服好きなママならきっと反応しちゃうでしょ?

バックフリルブラウスは100・110・120cmの3サイズ、価格は¥8800(税込)。(5月販売予定)
あわせたサマーバルンパンツは90・100・110cmの3サイズ、価格は¥5800(税込)。

 

次はちょっと男の子っぽい感じ。ボータイカーディガンフェザーショートパンツ

COCO mag_goodevening_07.jpg

ボウタイ(蝶ネクタイ)を外して首にかけてるユーモアのきいたデザイン。色合わせも春らしくていいよね。あわせたショートパンツは、鳥の羽根みたいなフワフワした素材がサイドに縫い付けられてます。ガーゼ素材を重ねたサラリと柔らかい穿き心地もキッズには嬉しいよね。

ボータイカーディガンは100・110・120cmの3サイズ、価格は¥12800(税込)。
フェザーショートパンツは100・110・120cmの3サイズ、価格は¥8700(税込)。(6月販売予定)

 

続いてこれ。パフスリーブワンピース

COCO mag_goodevening_09.jpg

シンプルな仕立ての布帛のワンピースに、フワフワした鳥の羽根みたいなファブリック。襟もとのカッティングやフラップ付きポケット、袖口の切り返しなど、何気ないディテールが女の子のオシャレ心をくすぐっちゃうデザイン。

サイズは100・110・120cmの3サイズ、価格は¥9800(税込)。(5月販売予定)

 

デザイナーの松浦さんは、過去にセレクトショップのバイヤー経験はあるものの、ここ数年はファッションとはまったく違う分野のお仕事をしていたそう。「だから勉強不足で…」なんていうご本人の言葉とは裏腹に、できあがったアイテムはどれもこのブランドにしかないムードを帯びているんです。

今までに目にしてきたであろうさまざなファッションのスタイルと、その中でも変わらなかった自身の感覚や感度。そんなデザイナー松浦さんのバックグラウンドと、子ども服に持たせておきたい甘さや可愛らしさというファンタジー。それらがミックスされてできあがったのは、実用的でありながらどこかで見る人をハッとさせる、ほかには無いバランスを持った、good eveningという子ども服。

そしてその子ども服は、大人だけではなく着る子どもたちの心にも何かを残してくれる気がするのです。

今も現役のファッションピープルを自認するママやパパ。そしてかつてはファッションクレイジーだったというママやパパも。子どもの時期だからこその感受性をこんなアイテムで刺激するって、ちょっとワクワクしませんか?

 

この春デビューのgood evening(グッドイブニング)
HPではアイテムのWEBショッピングも可能です →HPはコチラ

 

そして4/21(水)からは新宿伊勢丹6Fのベビー&キッズフ
ロアでも取り扱いがスタートしています。

新宿伊勢丹 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1 TEL.03-3352-1111
      新宿伊勢丹のHPはコチラ

 

©2017 COCOmag