COCOmag

menu

【INTERVIEW】ロンドン発ライフスタイルブランド[CARAMEL]デザイナー エヴァ・カライアニスさん/「服が目立つのではなく、着る人の個性が際立つブランドでありたいわ」

デザイナーのエヴァ・カライアニスさんが1999年にロンドンで創設したキッズ&ベビーブランド・Caramel Baby & Child(キャラメル ベビー&チャイルド)。今シーズンからはレディースウェアやホームウェアにまでそのコレクションを広げ、ブランド名も「CARAMEL(キャラメル)」として、新たな展開を始めています。

そんなCARAMELのエヴァ・カライアニスさんが、去る5月に東京・代官山の直営店で開催されたイベントに合わせて来日。ブランドを始めたきっかけから、「CARAMEL」としての新しい展開などをインタビューしてきました。
cocomag caramel_20150608_04
cocomag caramel_20150608_09

CARAMEL エヴァ・カライアニスさん

 
 
COCOmag__ようこそ日本へ。今日はエヴァさんがご自身のブランド「Caramel Baby &Child」を始めた時のことやそのデザインについて、そしてこの春からコレクションの幅が広がりブランド名も新たに「CARAMEL」となったことについてなど、いろいろとお話を聞きたいと思います。よろしくお願いします。
 
 
エヴァさん__こちらこそ、よろしくね。
 
 
COCOmag__ブランドのプロフィールによると、エヴァさんはご自身がママになる前から子供服が好きだったそうですね?
 
 
エヴァさん__子供の頃から自分自身のコーディネートを考えたり、お人形に色んな服を着せたりして、とにかく「着飾る」ということがとても好きだったの。だから子供の頃は自分自身が着こなすものとして、そして大人になってからはその小さなサイズの中に色んな要素が詰め込まれているとても可愛い存在として、子供服のことが常に好きだったの。
 
 
COCOmag__でもご自身は、学生の頃は弁護士を目指していたそうですね。
 
 
エヴァさん__そう、でもやっぱり子供服への情熱を捨てられなくて、子供服に取り組むことにしたんだけれど、1999年にロンドンのコッツウォルズという場所にペルー産のニットウェアや無名のデザイナーが作った子供服を揃えたショップをオープンするまでに、2年の準備期間がかかってしまったわ(笑)。
 
 
COCOmag__やがてご自身でも子供服のデザインを手掛け始め、ブランドとしてのコレクションが充実してきた訳ですが、ファッションやデザインを専門的に学んでいた訳ではないのに、充実したコレクションを手掛けられるのはすごいですよね。
 
 
エヴァさん__私にとってファッションやデザインの専門的な教育を受けているかどうかは問題ではなくて、日々の生活の中でインスピレーションを得て、それを反映したデザインが思い浮かんでくること、それを形にすることが大切なの。

自分のコレクションをスタートさせた時も、自分が作りたいものが明確に分かっていたから「服の作り方を学んで…」という発想がそもそも無かったわ(笑)。それに専門的な教育を受けていないから、かえって自由に自分の世界観を表現できたのかもしれないわね。
 
 
COCOmag__なるほど。そんなエヴァさんが手掛けるCARAMELのコレクションは、色んなテイストの総柄アイテムと、それに合わせるカラフルな単色のアイテムとのコーディネートがいつも新鮮な気分にさせてくれます。あの色使いや組み合わせは、どんなところから発想を得ているのでしょうか。
cocomag caramel_20150608_08
cocomag caramel_20150608_01
CARAMEL 2016 Spring & Summer KIDSコレクション
 
 
エヴァさん__特定の何かではなくて、日々の生活のあらゆるもの、かな。総柄のアイテムはトラディショナルで少しクラシックな柄をチョイスしているように思われることがあるけれど、シルエットやディテールはモダンになるよう、何気ないところにこだわってデザインしているの。

そして単色のアイテムは、特にテーマを設けずにその時々で気になる色をチョイスしているの。特に意識している訳ではないけれど、気付けば毎シーズン優しい、淡いトーンが多いような気がするわ。

そんな総柄のアイテムと単色のアイテムを組み合わせるのは、私にとっては料理を作るのと同じような感覚と言うか…異なる素材を組み合わせて、まるでカオスのような状態からバランスを整えて、最後に美しいハーモニーを作り上げるような、そんな気分でコレクションとコーディネートを考えているの。
 
 
COCOmag__そんな Caramel Baby &Child ですが、今シーズンからはレディースラインとホームウェアラインの展開も始まり、ブランド名もシンプルに「CARAMEL」となりました。この新しい展開は、どのようなきっかけで始まったものなのでしょう?
 
 
エヴァさん__ブランドの歴史も15年以上になって、私が手掛けたアイテムを着ていた子供たちもすっかり大人になっているの。そんな人たちから「Caramel Baby &Child のテイストが大好きなんだけど、私たちが今着ることができるサイズがなくて…」と言われることも多くなってきたのが大きいわね。

それにそんな人たちはファッションだけに興味がある訳ではなく、ライフスタイル全般に関心を持っている。だからホームウェアラインもラインナップして、毎日の生活を少し気分良く過ごしてほしいと思ったの。

CARAMELさん(@caramellondon)が投稿した写真

CARAMELさん(@caramellondon)が投稿した写真

CARAMEL 2016 Spring & Summer ホームウェアライン(CARAMEL オフィシャルInstagramより)
 
 
COCOmag__これまでのテイストを引き継ぎつつ、新しく生まれ変わったブランド「CARAMEL」として、あらためて大切にしているものは何ですか?
 
 
エヴァさん__ラインナップが広がったこともあるけれど、あらためて思うのは「あらゆる世代の人たちに似合う、特別感があるけれど普遍的で着こなしやすい服」を提案することかしら。肩肘張らずに、構えることなく着こなせて、ファッションを楽しむのと同時にリラックスできる、そして服だけが目立つのではなく、着る人の個性を際立たせる。そんな皆から愛されるブランドでありたいと思うわ。
 
 
COCOmag__ブランドの新しい展開に、世界中のママはもちろん、COCOmagも注目しています。今日はありがとうございました。

(取材・文/COCOmag編集部・柳原)

CARAMEL ウェブサイト(イギリス本国サイト)
©2017 COCOmag