[楽しい 可愛い 子ども服 と 親子ライフ]のWebマガジン

kiko+ × COCOmagワークショップ「星のドミノで自分だけの星座を作ろう!」レポート(2001/07/03)

この記事は2年前以上前に書かれた記事です。情報が古くなっている可能性があります。

日本国内はもちろん、ヨーロッパなど世界各国でも注目を集めている、日本発の木のおもちゃブランドkiko+(キコ)。kiko+初のワークショップとして先日開催された、「星のドミノで自分だけの星座を作ろう!」のレポートです!

子どもの手のひらに収まる色とりどりの星のピースを詰め込んだ、星形のドミノ[tanabata]。kiko+の人気アイテムのひとつでもあるこのアイテムを使った、kiko+初のワークショップ「星のドミノで自分だけの星座を作ろう!」が、7月3日(日)に大阪市のカフェ・VADE MECVM.(ヴェイディミーカン)で開催されました。

このワークショップは、画用紙の上に子どもたちが考えたオリジナルの星座の絵を描き、それに好きな色の星のピースを貼付けて、自分だけの星座表を作るというもの。


当日は、受け付け時間の数時間前にスタッフが会場をセッティング開始! 会場入り口では、黒板みたいな木の看板でキッズをお出迎え…

会場内に整然と並ぶテーブルの上には、黒い画用紙と作業用の文房具、そしてtanabataのピースが並びます。

ワークショップはオンタイムでスタート! デザイナーのkaz*さん、スタッフのyui*さんが、幼稚園生や小学生の参加者たちに、星座の説明や実際の星座を使ったクイズ、そして今回のオリジナル星座図の作り方を説明します。

説明の後は制作スタート! みんな思い思いの絵を画用紙に描いていきます。絵が描けたら、好きな色の星を選んで貼付ける作業。どこに貼付けるかは自由だから、みんな悩みながら、そして楽しみながら星を散りばめていきます。

バランスよく星を貼付けたら、自分だけのオリジナル星座図が完成です!



(写真左から)
よこた ほのか ちゃんは、おいしそうな「カップケーキ座」。
やまさき ひより ちゃんは、きれいな「バラ座」。
みやがわ りつき ちゃんは、かわいい「うさぎ座」。


(写真左から)
姉妹で参加の おくだ まひろ ちゃんは、目がクリクリの「うさぎ座」。
妹の おくだ はずき ちゃんは、かわいい「くま座」。
またの みあ ちゃんは、大きな「リボン座」。


(写真左から)
姉弟で参加の ぬまの すずね ちゃんは、カラフルな「おうち座」。
弟の ぬまの そうし くんは、すずしげな「ペンギン座」。
とよだ がろ くんは、強そうな「くわがた座」。


(写真左から)
姉妹で参加の いわい そらか ちゃんは、レインボーカラーの「ほし座」。
妹の いわい ゆずき ちゃんは、七色の「虹座」。
アンジェリーク ちゃんは、カッコイイ「ロケット座」。

(写真左から)
kiko+のイメージモデルも務めた ぬのいち エヴリン ちゃんは、真っ白な「うさぎ座」。
おおしま りんか ちゃんは、色とりどりな「お花座」。

(写真左から)
兄弟で参加の だん けんと くんは、とっても早そうな「ロケット座」。
弟の だん けんせい くんは、子どもならみんな大好き「だんごむし座」。

…と、参加してくれた皆は、見事に自分の絵を星座にしてくれました。


みんなが作った星座は、七夕に合わせて星空に散らばって…!


そのほか、会場ではkiko+やgg*のアイテムが並べられて、自由に手に取って遊べたりも。ワークショップと合わせて、kiko+の楽しさを思う存分楽しめる空間となりました。


今回のワークショップは、kiko+初のワークショップとして、COCOmagとのジョイントワークショプとして開催されたもの。kiko+のワークショップは今後も各地で開催される予定なので、今回参加できなかったキッズ&ママは、次回以降をお楽しみに。

最後に、今回参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました!


●7月16日(土)に都内でkiko+ワークショップ開催!
kiko+ワークショップ「星のドミノで自分だけの星座を作ろう!」in 東京

●kiko+ホームページ→kiko+

©2017 COCOmag