[楽しい 可愛い 子ども服 と 親子ライフ]のWebマガジン

【INTERVIEW】イラストレーター/絵本作家 Hervé Tullet(エルベ・チュレ)さん

 

ベビー&キッズのデイリーウエアからレディースアイテムまでを展開するフランス発のブランド・PETIT BATEAU(プチバトー)が、フランスのイラストレーター/絵本作家のHervé Tullet(エルベ・チュレ)さんを日本に招き東京&京都で開催したペイントワークショップ。

先日のワークショップレポートに続き、今日はワークショップの数日後に実現したHervé Tulletさんのインタビューをお届け。子どもたちとのワークショップについてや普段の作品作りについてなど、Hervéさんの思いを語っていただきました。

cocomag_PETIT BATEAU_20140612_16

COCOmag__はじめまして、今日はよろしくお願いします。早速ですが、このようなワークショップを始められたきっかけは?


Hervé Tullet(以下Hervé)さん__一人で絵を描くのではなく、皆でひとつの作品を作り上げる場が欲しかったんだよ。子どもたちとのワークショップを開催するのは今回で15回目だけど、回を重ねるごとに内容も面白くなっていると思う。これからもこのようなワークショップを開催して、子どもたちが“色”を素材にして遊べる場を提供したいと思うね。


COCOmag__そんなワークショップを通じて、子どもたちにはどんな時間を過ごして欲しいと思っていますか?


Hervéさん__ワークショップの最中、私自身は自分のアトリエにいる気分なんだ(笑)。だから子どもたちにも、ワークショップ中はアットホームな時間を過ごして欲しいと思っているよ。

私の掛け声で子どもたちが次々に模様や柄を描いて子どもたちのエネルギーは、私に大きなインスピレーションを与えてくれる。そんなそんな子どもたちとの関わりの時間は私にとってとても大切だし、子どもたちにとってもそうであって欲しいと思うね。


COCOmag__子どもたちに伝えたいメッセージはありますか?


Hervéさん__私が子どもたちに伝えることよりも、私が子どもたちから教えてもらっていることのほうが多いと思っているんだ。だからメッセージを伝える側ではなく、むしろ子どもたちから何らかのメッセージを受け取っている側だね(笑)。

しいて言えば、私の絵や言葉を子どもたちの1人1人が自由に感じて欲しいということかな。受け取り方や感じ方は、子どもたちそれぞれで違うはずだからね。


COCOmag__Hervéさんはさまざまな国でワークショップを開催されていますが、国によって子どもたちの様子や出来上がる作品の違いはありますか?


Hervéさん__子どもたちは、世界のどこでもみんな一緒だよ。作品も国によって出来上がりが違う、ということはないな。どちらかというと、ワークショップを開催する会場の雰囲気や環境で作品のできあがりが違ってくるんだ。例えば、さんさんと輝く太陽の下だと、ハッピーな雰囲気の作品が完成したりするんだよ。


COCOmag__子どもたちも、会場や環境の影響を敏感に受け取っているんですね。ところで、なぜPETIT BATEAUとのコラボレーションが実現したのでしょうか? Hervéさんのイラストをあしらったコラボアイテムも発表されましたが。


Hervéさん__有名なブランドであるPETIT BATEAUとコラボしたのではなく、私の考え方を共有できるスタッフが運営しているブランドがPETIT BATEAUだった、という感じかな。とにかく、お互いのスピリットがマッチしたんだよ。コラボアイテムについても、単に絵柄を描くだけなのは嫌だったんだ。だって、描くだけなら誰でもかけるからね(笑)。

考え方がマッチして、それを共有するものとしてコラボアイテムを作れたり、子どもたちとのワークショップを開催できる、そんな最高のパートナーシップだと思っているよ。


COCOmag__それでは最後に、作品作りやワークショップの開催など、Hervéさんの今後の希望や予定を教えてください。


Hervéさん__このワークショップはシリーズ化して定期的に開催したいから、開催できるならどこにでも足を運ぶよ(笑)。

ワークショップ中は沢山のアイデアやインスピレーションが湧いてくるから、いつもそれを懸命にキャッチするようにしているんだ。そんなアイデアをもとに、これからもいろんな作品を作り出していきたいし、美術館とのコラボレーションや映画作りもしてみたい。

そしてまた、子どもたちと創造力や自由を共有できるワークショップを開催したいんだ。ワークショップでの子どもたちとの経験が、回り回って僕から子どもたちへの新しいプレゼントになるんだよ(笑)


COCOmag__新しい作品の発表やワークショップを開催されること、そしてまた来日されることを楽しみにしています。今日はありがとうございました。


Hervéさん__こちらこそ。今回訪れた日本は私自身も大好きな国だから、ぜひまた戻ってきたいよ(笑)。


[COCOmagママレポーター・小谷奈実子]

[PETIT BATEAU × Hervé Tullet ペイントワークショップ]のレポートはこちらから
©2018 COCOmag