[楽しい 可愛い 子ども服 と 親子ライフ]のWebマガジン

デザイナーインタビュー Katvig Vigga Svenssonさん pt.2



前編に引き続き、ヴィガさんのインタビュー・後編です。
インタビューに入る前に、ひとつお勉強。前編の最後に書いたキーワード「サステイナブル」。この意味を辞書で調べると…

サステイナブル【sustainable】[形動]
持続可能性。持続可能であるさま。
特に、地球環境を保全しつつ持続が可能な産業や開発などについていう。
「―な社会作り」。

…とあります。少し表現が難しいですね。言い換えると「地球や自然などの環境、そして私たち人間に対して健全で安全な状態を保ちながら、経済や流通を発展させよう」という考え方です。

つまり、今までの作っては消費しっぱなしでどんどん環境を破壊してきた状況を早くやめて、リサイクルなどで限りある資源を無駄なく活用して、自然環境をキチンと継続しつつ経済も発展させていこう、ということ。

環境問題への取り組みでも有名なゴア・元アメリカ副大統領が提唱したとされていて、キャトヴィはその「サステイナブル」に取り組む数少ないキッズブランドでもあるのです。

それでは、インタビュー後編。見た目の華やかさだけではない、キャトヴィのアイテムに込められたポリシーについて話をうかがいました。



Vigga__「サステイナブル」。この考え方はキャトヴィにといってとても大切なものなの。


COCOmag__その「サステイナブル」について、キャトヴィの取り組みを教えてください。


Vigga__たとえば、全世界で使われている農薬のうち約25%がコットンの栽培に使われていると言われているの。世界各地にある大規模なコットンの栽培農場では、働いている人たちが農薬に触れて悪い影響を受けているし、仕事を終えて帰宅すればハグやキスをしたその家族屋子どもたちにも影響が及ぶことになるの。

さらに、農薬は地下水にも染み込んで、やがて湧き出た地下水を飲む家族もいるはずよ。


COCOmag__悪影響が連鎖して広がる…特にハグやキスで子どもたちにも、というのは怖いですね。


Vigga__キャトヴィを始めて2年ほどしたときに、「このブランドを通じて、何か子どもたちの未来にできることがあるんじゃないか?」と考えるようになったの。服を作るのに生地はどうしても必要なもの。でもその原材料の繊維を作る段階で環境にとってより良い状況をキャトヴィが選ぶことで、環境への悪影響を少なくすることができるはずよ。

農薬を使わないオーガニックコットンを使うことが農薬を減らすことにつながるし、リサイクル素材を積極的に採用することが資源の消費を少なくすることにもつながるわ。


COCOmag__確かに。でも、オーガニックなものやリサイクル素材のものは少し割高で、手を伸ばしにくいという印象もあります。


Vigga__デンマークでもオーガニックな素材を使うメーカーは増えているけれど、確かに価格が高いことが多いわね。でもキャトヴィの場合は、そのようなアイテムは高くてもいいとは考えていないの。

毎シーズン、アイテムの値段を設定するときに考えるのは、キャトヴィのオーガニックアイテムと他社のオーガニックではないアイテムが、同じような値段にするということ。そうすれば値段に左右されずに同じ感覚でサステナイブルな商品を選んでもらえるはずだから。


COCOmag__今はファストファションがブームになっているし、“安いのがエライ”的な風潮もありますよね。そんな中で、子ども服は安くても別にいいもの、ある程度以上の価格の子ども服は贅沢品と考えられてしまうことがあると思うんです。個人的には断固反対!なのですが(笑)、どう思われますか?


Vigga__私も反対かな(笑)。安いものは確かに家計にとっては優しいけれど、安すぎるもののバックグラウンドには、安くするために環境や人間にとって良くないことが必ずあるはずよ。

学校に行けずに働かされる子どもたちや、大量の農薬、工場からの排水や煙、人体に悪影響のある染料…言い出せばキリがないほどね。もちろん、すべての安いものが悪い訳でもないし、高いものから安全とも言い切れないけれど、そんな事実をもっと多くの人たちが知った上で、ものを選ぶべきだと思うの。


COCOmag__リサイクルという考え方も、資源の再利用という意味では良いことだと思うけれど、その反面でネガティブな部分もありますよね。先進国からの産業ゴミがいわゆる後進国に持ち込まれ、劣悪な環境でリサイクルされて、そこでまた環境破壊を生み出しているという現実もあります。


Vigga__確かに、そんなリサイクルには賛成できないわ。デンマークでも1年間に30000トンもの衣料がゴミとして捨てられて、埋め立てられたり、燃やされたりしているの。それをただゴミとして処理するのではなく、回収してデンマーク国内の工場でリサイクルするプロジェクトを今キャトヴィとして考えているところよ。

同じ地域、同じ国の中でリサイクルが完結できれば、消費者はどこでどのようにリサイクルされたものかが分かるようになるはずだし、わざわざ廃棄物を輸出しなくてもいいからコストや燃料もかからないはずよね。

例えばキャトヴィのレインコート一着には、500mlペットボトル10本分のリサイクルポリエステルが使われているの。リサイクルポリエステルが優れているのは、何回リサイクルしても素材として劣化しないところなの。


COCOmag__資源として劣化しないということは、新たに資源を消費しなくてもいい訳ですか?。


Vigga__そのとおり(笑)。この素材はレインコート以外にもリュックサックなどにも使っているの、そのほかにもキャトヴィのロゴマークが入った透明の袋は普通のビニールのように見えるけれど、分解されて土に還る素材を使っているの。キャトヴィでは今後もこんな素材を積極的に使っていきたいと考えているわ。


COCOmag__そんな取り組みがキャトヴィの個性でもある訳ですね。こんな話を聞くと、これから大きくなっていく子どもたちのために、私たち大人が何かをしていかないと…という気持ちになります。


Vigga__そうね、そんなふうに一人一人がが考えることで、今の状況も変わっていくはずよ。


COCOmag__そうですね。そうすることが、子どもたちに対しての大人の責任なのかもしれませんね。個人的には、CO2を減らすために車に乗る回数を減らして自転車通勤をしてみようかと思っています。自分の健康のためでもありますけど(笑)。


Vigga__それはいいわね! 私も毎日片道15kmを自転車で通勤しているのよ。健康のためには自転車がオススメね(笑)。それと、あまり手を加えられていない食材やオーガニックフードを食べる心ように心がけているわ。オーガニックなものは環境にも優しいし、健康のためにも良いのよ。


COCOmag__ちょっと真似してみようと思います(笑)。では、そろそろ時間も無くなってきたので…最後に日本のキャトヴィファン、そしてキッズファッションが好きなママたちにメッセージを。


Vigga__OK。最近のニュースでは、地球環境の悪化が盛んに報じられているけれど、これは皆が協力して解決できる問題だと思うの。使っていない部屋の灯りは消す、待機電力をなくすために使っていない家電のコンセントは抜く、なんていう簡単なことからでいいはずよ。

そして、日本のキッズファッションはいつ見てもとっても魅力的で楽しい! これからはそんな楽しさに加えて、素材や作り方で地球環境に悪影響を及ぼさない、そんなキッズファッションが日本にも生まれれば良いと思うし、必ずそうなると思うわ!



…いかがでしたか? ヴィガさんのインタビューはこれにてフィニッシュです。

知っているけれど、分かっているけれど、私たちが何となくやり過ごしている問題。つまり環境とか自然破壊とか。そんな問題を正面から見据えて、尚かつあんなにキュートでヴィヴィドなアイテムを生み出すヴィガさん。実際にママであるということが未来への危機感を感じさせているのもあるはずですが、モノ作りをする人間としての責任感が溢れ出ている人だと強く感じました。

つまり、見た目の良さで人を惑わすのではなく、きちんとメッセージを込めたモノを作って皆に届けるんだという気持ちがとても強いデザイナー。だから、キャトヴィのアイテムには遊び心がいっぱいでもブレがないのです。なるほど、キャトヴィの魅力をまたひとつ見つけたような気がします。

約10日間の日本滞在中は、各地を飛び回っていたというパワフルなヴィガさん、環境について話すときの真摯なまなざしとは裏腹に、自分の自転車(イタリア製の上級者向けハイグレード自転車!)の話をするときにはキラキラした目…そんなキュートな女性でもありました。

(取材・文/COCOmag編集部・柳原)

日本代理店:
©2017 COCOmag