COCOmag

menu

シンプル&スタイリッシュな新ブランド grow

この記事は2年前以上前に書かれた記事です。情報が古くなっている可能性があります。

今日は、デイリーな気軽さの中にちょっぴりコダワリを詰め込んだ、この春デビューの新しいブランド・grow(グロー)を紹介します。

アメカジって全てのカジュアルの基本のスタイル。…といっても過言ではないはず。デニムパンツ、Tシャツ、ボタンダウンシャツ、スウェットパーカー、などなどなど。誰でも一度は着たことのある、そしていつでもクローゼットの中にあるアイテムって、結局のところアメカジという範疇に入るアイテムだったりするもの。

そんなアメカジだからこそ、他のライバルブランドとの差を付けるのは、ちょっと難しい。ユーズド感?トラッドな雰囲気?それともアウトドア風? いろんなニュアンスやデザインソースをプラスして行きがちだけど、逆に思い切ってシンプルに、オトナの自分が好きなニュアンスを素直に落とし込んであるデザインが、結局のところママやパパの目には一番分かりやすかったりするもの。

今日紹介するgrowは、デザイナーが好きな服をそのまんまキッズに落とし込んだような、シンプルで迷いのないデザインが特徴のブランドなんです。例えばこんなコーディネート。

Tシャツの重ね着にデニムをあわせた、シンプルなアメカジコーデ。トーンの違うグレーを重ねて、シンプルな着こなしにアクセントを添えます。

シンプルなプリントTシャツも、裾には大地を思わせるタグ、内側には名前を書き込める大きなタグが縫い付けられていたり…

デニムはポケットがいっぱい付いたペインターパンツ。サイドの三本ステッチやポケットのクロスステッチなど、いろんなコダワリが詰まってます。穿き古したようなアタリ感もイイ感じ。

次はこんなコーディネート。

こちらもシンプルな半袖カットソーにデニムのコーデ。両脇にポケットの付いた半袖スウェットは、実は背中にカラフルなボタンがいっぱい…

シンプルなデザインがこれだけでグッと女の子らしくなるから不思議。5ポケットのデニムも赤ミミやウォッシュの具合など、やりすぎてないちょうどいいバランス感。

足もとは白いサンダルでもいいし、あえてバレエシューズ見たいなキレイめの靴でも可愛いよ。

どんどん行きます。次はこんなコーディネート。

肌触りのいいコットンのフードブルゾンがメインのコーディネート。ブルゾンはダブルジップのフロントや軍モノみたいなタグなど、アウトドア&アーミー&ワークのテイストを程良くミックスしたデザイン。

インナーのボーダーTはシンプルだけどポケットでアクセント。スカートはアーミーパンツ風のサイドポケットやフラップのハード感が逆にカワイイ。

足もとはサンダルで軽く仕上げるのがオススメ。

最後はこんなコーディネート。

丸首のカーディガンはカットソー素材だから気軽に羽織れます。大きさの違うボタンやトリコロールカラーがカワイイ。インナーのTシャツはこんな感じ。

スカートはウエストが総ゴムのバルーンスカート。気軽に穿けて、フワフワ可愛いシルエットが楽しめるよ。

シンプルなデザインは、着る人を選ばないアメカジのアイコン的アイテムへの敬意の現れ。そこにちょっぴりトレンド感をプラスして、誰にでも似合うちょっぴりスタイリッシュなスタイルを提案するgrow。

デニムパンツには12ozの本格的なデニムを使う一方で、ライトオンスのデニムパンツにユーズド加工をしてみたり、カットソーにはカラフルなボタンやテープで遊び心を取り入れたりするそのデザイン感覚には、ヨーロッパ発のデニムカジュアルブランドのような身軽さとスタイリッシュ感が漂っているんです。

いつもと同じカジュアルな服、でもこの春はカジュアルはカジュアルでも“アメカジくさく無い”、それでいてちょっとこだわったスタイルをしてみたい。そんなキッズに着こなしてもらいたいブランドです。

・半袖ロゴTシャツ ¥4095(95〜135cm)
・デニムペインターパンツ ¥9975(95〜135cm)

・ミニ裏毛チュニックカットソー ¥6090(95〜135cm)
・セルヴィッチヴィンテージデニム ¥16800(95〜130cm)

・マウンテンパーカー ¥12600(95〜135cm)
・ボーダーカットソー ¥5145(95〜135cm)
・カーゴスカート ¥9765(95〜130cm)

・クルーネックカーディガン ¥6300(95〜135cm)
・半袖ロゴTシャツ ¥3780(95〜130cm)
・バルーンスカート ¥5880(95〜135cm)


●商品についてのお問い合わせ
growホームページ→grow

©2017 COCOmag