[楽しい 可愛い 子ども服 と 親子ライフ]のWebマガジン

デザイナーインタビュー Katvig Vigga Svenssonさん pt.1



デンマーク発のキッズブランド・katvig(キャトヴィ)
2003年、ともにママだったKatrine(キャトリーヌ)とVigga(ヴィガ)が二人で始めたこのブランド(…だから、二人の名前をミックスしてKatvig、なんです)は、少しレトロなニュアンスの色使いや大胆な柄、そして環境と子どもたちのことを考えた素材などでデビューから間もなくヨーロッパ各地で話題となりました。

そして日本では、もうすっかり人気キッズブランドのひとつに。

そのデザイナー・Vigga Svensson(ヴィガ・スヴェンソン)さんが、昨年12月に来日。彼女に会うのは1年半ぶりのCOCOmagは、あらためてこのブランドのこと、そしてこれからのことを聞くことができました。彼女がどんなことを考えながらキャトヴィのデザインをしているのか、そして、子どもたちの未来のためにどんなことをしようとしているのか。

その内容を、全編・後編の2回に分けて紹介します。



COCOmag__ようこそ日本へ! お会いするのは1年半ぶりですね。あらためて、日本の印象は? デンマークの人たちは、日本をどんなふうに思っているのでしょうか?


Vigga__今回の来日が決まって「今度、私日本に行くのよ〜!」と周りに言うと、とてもうらやましがられたわ。デンマークの人たちにとって、日本は長い歴史と豊かな自然がある、遠くて美しい国。でもその一方で東京のようなにエキサイティングな都市もあって、相反するものが1つの国でぶつかり合っているとても面白い国という印象ね。

そして、個人的には日本に来るといつも子どもの写真をたくさん撮ってしまうの(笑)。日本の子ども服は本当に遊び心に溢れていて、カラフルで、そして重ね着しやすくて魅力的だと思うわ。


COCOmag__なるほど、良いふうに思ってもらっているみたいでちょっと安心しました(笑)。でも、そんな遠くはなれた日本でキャトヴィの人気が高いのは、少し不思議な気分ではないですか?


Vigga__確かに、日本はデンマークから遠いし、全く違う文化を持っている国だと思うわ。でも、その反面ですごく共通点もあると思うの。例えば、余計な飾りを減らすことで美しいバランスを表現する感覚はデンマークにも日本にもあるものだと思うの。家具や器など、デンマークのプロダクトが日本でも人気があるのはのせいかもしれないわね。

それに歴史の長さも共通点だわ。どちらの国にも、長い歴史の中で培われてきた独自の文化があるわよね。それに四季折々の風習があるところ、豊かな自然に由来する色の名前があるところとか。そうそう、ユーモアのセンスもデンマークと日本は似ているかもしれないわ。何かを見て笑うポイントが、とても似ているもの(笑)。


COCOmag__確かに、日本での北欧ブームも、どこかノスタルジーや親近感を込めているところがありますものね。何だか納得です。では、あらためて聞きたいのですが、キャトヴィはどんなきっかけで始めることになったのですか?


Vigga__キャトヴィを始める前は、デンマークの国営テレビ局で働いていたのよ。番組の司会をしたり、声優をしたり…そして30歳になった頃、ちょうど二人目の子どもが生まれたタイミングで「何か違うことをしないといけないのかな?」と少しずつ感じるようになっていたの。

その頃は、子どもたちの服を買いに行っても満足できるものが少なくて、こんなコンサバティブなものじゃない、見ていて勇気や元気が湧き出てくるような子ども服はないの? という気分でもあったのね。それで友人のキャトリーヌと共同で子ども服ブランドを始めることになったのが、キャトヴィのスタートだったわ。


COCOmag__「自分の子どもに着せたい子ども服がない!」というきっかけは、万国共通ですね。日本にもそんな気持ちでスタートした子ども服ブランドがたくさんあるんですよ。

そんなブランドの子ども服をいつも見ているのですが、子ども服ってすぐに汚れて何回も洗濯したり、穴があいたり破れたりして交換しないといけない“実用品”という意味が大人のファッションに比べて大きいと思うんです。でも、それと同時に大人のファッション以上に想像力を膨らませた“夢の世界”を見せてくれるものでもあると思うのですが…。


Vigga__そうね、大人のファッションではこの場面ではこの服を着ないといけない、というようなTPOやルールがあるけれど、子どもの場合はそんなに決まり事って少ないわよね? それに、子どもは大人が思っている以上に自分のことをよく分かっているから、自分が好きな服を好きなときに選んでいるはずよ。だからルールに縛られないし、遊び心をよりいっそう前面に出すことができると思うの。

そして、キャトヴィではそんな遊び心と同時に、機能的であることにも気を配っているのよ。例えばトートバックにもなるタンクトップのように、ひとつのアイテムがふたつの機能を持っているデザインのように、ユニークな機能性を持たせられるのも子ども服の面白いところね。今後はそんなアイテムにも力を入れていこうと思っているの。


COCOmag__なるほど。では、ひと目でキャトヴィだと分かる、あの個性的な配色を考えるときに大切にしていることは何ですか?


Vigga__色の組み合わせを考えるときに決めているのは、色がくすんだり沈んでしまわないように、組み合わせた色それぞれがイキイキと映えるようにすること、そしてダイレクトに子どもたちの目や心に届くような組み合わせにするということかな。

私は色には“言葉”があると思っているの。力強い色は、色そのものが様々なことを語りかけてくれるから、子どもたちの心にもいろんな影響を与えてくれるはず。だから、毎シーズン必ず新しいストライプを作るんだけど、いつも皆が驚くような色の組み合わせにしているわ(笑)。ブランドを始めた頃はさすがに反響も小さかったけれど、徐々にこの色合わせが支持されるようになったの。


COCOmag__キャトヴィの色合わせは、日本人にとっても毎シーズンすごく新鮮です。でも、それはどこかで見たことがあるような気になることもあるんです。例えば、着物の色合わせや手ぬぐいの絵柄のように、普段の生活ではなかなか使わないけれど、日本人ならどこかで見たことのある色合わせ。そんな日本古来の色合わせとの共通性を感じることがあるのですが…。


Vigga__デンマークでは、キャトヴィの色の組み合わせは実は少しノスタルジックなものでもあるの。‘70年代にカラフルなものが流行った時期があって、その頃に子どもだった世代が親になり、キャトヴィの色の組み合わせに新鮮さと懐かしさを感じるという側面はあるわ。でも、遠く離れた日本で懐かしさや親近感を感じてもらえるのは、ある意味面白いわね。


COCOmag__先ほどの話のように、デンマークと日本はある意味とても似ている国どうしなのかもしれないですね。好まれるものや、支持されるものが似ているのかもしれない。ところで、今年の春夏シーズンは今まで以上に鮮やかな色合わせが印象的でした。


Vigga__ありがとう。でもこれといって戦略があってのことでは無いのよ(笑)。しいて言えば、その時々に感じていることや私のテンションに影響されているのかもしれないわね。だから、次の秋冬シーズンはもっとシックな色、丸みを帯びた色になるかもしれないわ。


COCOmag__そんな自由な雰囲気も、人気の秘密かもしれないですね(笑)。ところで、日本では正確な数が分からなくなるくらいインポートのキッズブランドは増えました。日本だけではなく世界の多くの国々で取り扱われているキャトヴィとして、ほかのキッズブランドとの差別化はどのようにしていくつもりですか?


Vigga__悩ましい問題ね(笑)。対策のひとつは、模様や柄ね。ボーダー、ストライプ、総柄プリント…どんなアイテムでもキャトヴィのものだと分かってもらえるような、個性的な色合わせや柄をこれからも考えていくことだわ。そしてふたつめは「サステイナブル」という考え方をもっと追求して、みんなに知らせていくことが大事だと考えているの…。(続く)



とてもフランクで、そしてこちらの質問に丁寧に答えてくれるヴィガさん。キャトヴィのアイテムが持つ、明るくて、元気で、クリーンなイメージはヴィガさんの人柄そのものなのかもしれません。
ヴィガさんのインタビュー・前半はここまで。後半はキャトヴィが考える環境のことや未来のこと。

キーワードは「サステイナブル」

専門的なことや難しいことは、そんなに分からなくてもいいんです。できることから始めるのが大事。それが、私たち大人が子どもたちのためにしてあげられる最善のことなのかもしれません。

というわけで、ヴィガさんのインタビュー後編へ続く…

(取材・文/COCOmag編集部・柳原)

日本代理店:
©2017 COCOmag