COCOmag

menu

この春日本デビューのスウェーデンブランド moonkids

この記事は2年前以上前に書かれた記事です。情報が古くなっている可能性があります。

今日はこの春に日本デビューするスウェーデンのキッズブランド・moonkids(ムーンキッズ)を紹介します。

“北欧のキッズブランド”と聞いて連想するのは、どんなイメージ? 鮮やかな色使い、ちょっと面白いシルエット、それでいて子どものことを考えた素材やパターン…。

そんなイメージのすべてがあてはまるけど、他のブランドとちょっと違うのは60年代〜70年代風のちょっぴりレトロな風味のアイテムがいろいろとラインナップされているところ。今日紹介するmoonkidsは、そんな特徴を持ったブランドです。

例えば、こんなコーディネート。

肌触りのいいパイル地のジップアップパーカーは、赤/白ボーダーのリブとポケットの白い縁取りがポイント。同じ素材のツナギに赤/白ボーダーのヘンリーネックTを合わせて、ヨーロッパのヴィンテージのポストカードにでも出てきそうなスタイルに。

全身パイル地のコーディネートはキッズならではだし、鮮やかなブルーの発色も元気いっぱい。素肌にも優しいからプールや海で水着と合わせてもカワイイよ。

次はこんなコーディネート。

細いストライプのジャケットは、ボックスシルエットでユーロワークウェア的な雰囲気。シンプルなプリントTを合わせて、ボトムはバルーンシルエットのデニムパンツ。足もとはペッタンコのパンプスなんかがオススメ。

普通に見えるけどシルエットで思い切り変化をつけちゃう、そんな遊び心もmoonkidsの特徴のひとつ。だから、こんなデザインのアイテムも…。

ナポレオンジャケットはあえて前をあけてラフに羽織って。ボトムに大きめのブロックチェックのパンツを合わせれば、インパクトのあるコーディネート。これってキッズしか楽しめないコーディネートだよね。

ぱっと見た感じはレトロなだけ?と思うかもしれないけれど、例えばパイル地のツナギは腰下からストンと落ちるシルエットでレトロな雰囲気を強調していたり、ジャケットは太めの糸でステッチを走らせたようなストライプだったり…と、アイテムのひとつひとつには子どもが着たときに一番可愛く見えるような工夫が込められているんです。

そんな、単純にレトロテイストなだけじゃない高いデザイン性でヨーロッパで人気を集めているmoonkids。この春から日本のキッズショップにも並び始めます。

・Hood sweater ¥5145(92〜128cm)
・SS T-shirt, buttons ¥3780(92〜152cm)
・Crawlers ¥5985(92〜110cm)

・Jacket Jackson ¥10290(92〜152cm)
・SS Tee, shoe ¥2940(92〜152cm)
・Clam diggers, checked ¥6185(92〜152cm)

・Club blazer striped ¥10290(92〜152cm)
・SS T-shirt, shoe ¥2940(92〜152cm)
・Baggy jeans ¥7140(92〜152cm)


●お問い合わせはこちら
äkubi(アクビ)→äkubi HP

©2017 COCOmag