[楽しい 可愛い 子ども服 と 親子ライフ]のWebマガジン

ポップ&ストレンジなキッズブランド mini rodini

この記事は2年前以上前に書かれた記事です。情報が古くなっている可能性があります。

今日はスウェーデンからやって来たポップ&ストレンジなキッズブランド・mini rodini(ミニロディーニ)を紹介します。

ロボット、恐竜、花柄、などなど。「子ども服だからこそ」とか「子どもだから」なんて理由でよく使われるモチーフ、多いよね。そういった「子ども服だからこそ」の部分に、ちょっぴりのトゲとちょっぴりユーモアを加えてみたら、どうなるのかな…? 

そんなシンプルだけどあまり皆がやらないことを、実にサラリとやっちゃう。今日紹介するmini rodiniは、そんなブランド。

リアルじゃないし子どもっぽいといえば子どもっぽいんだけど、何かひっかかる、そんな恐竜イラストとか、レトロでトボケたロボットとか、なぜかニッコリ笑ってるホットドックとか。

どこかで見た気がするけれど、実はどこにも無かったようなこの雰囲気。これもある意味「子どもだからこそ」のデザイン。恐竜Tシャツにレトロな雰囲気のストライプカーディガンを合わせて…

ボトムに色褪せたジーンズだと、古着風の着こなし。スリムなモノトーンのパンツでミュージシャンぽく着こなしてもカッコいいはず。

こんな感じで、ポップとパンクが同居するのがmini rodiniの魅力。Gジャンやワンピース、レギンスといったベーシックなアイテムでも、組み合わせてみたら、ほら、やっぱりポップ&パンク&ストレンジ。

足もとはヒールのないバレエシューズを合わせて、あえてカチッとさせるとメリハリが効いてGOODです。

ほかにもこんなコーディネート。

ボーダーのヘンリーネックT、発色のいいカーディガンはいたってベーシック。でもツヤのある柔らかい生地のリラックスパンツを合わせると、一気に自由な雰囲気。足もとはサンダルでもいいよ。

ベーシックなものを作っているのに、どこかで尖っていたり、トボケていたり。良い意味で最後の一線で裏切っちゃう、そのバランス感覚。それってファッションやデザインの手法として考えると、実はとても高度なこと。でもそんな素振りも見せずに、もしくは無意識のうちにやってのけちゃう。それがmini rodiniの魅力なんです。

「いろんなファッションのスタイルを通過して、今は特に◯◯風なんていうスタイルには惹かれない。でもね、自分の中の“アリ”と“ナシ”は意外とハッキリ持ってるんだ…」なんていうママとパパ、そしてその子どもたちならググッと興味を惹かれるはずのmini rodini。この春、本格的に日本デビューになります。


・S/S TEE HOT DOGS ¥5985(56〜146cm)
・S/S TEE ROBOTS ¥5985(56〜146cm)
・S/S TEE GODZILLA ¥5460(56〜146cm)

・PIEMONTE CARDIGAN ¥9870(56〜146cm)

・DUNDEE DENIM JACKET(SNOW WASH) ¥11340(56〜146cm)
・BALLOON DRESS ¥9870(80〜146cm)
・LEGGINGS HOT DOGS ¥5985(56〜146cm)

・FANO CARDIGAN ¥6510(80〜146cm)
・GRANDPA SMALL STRIPES ¥6510(56〜146cm)
・IMPERIA FLORO ¥9975(56〜146cm)


●お問い合わせはこちら
mimba.→mimba.HP

©2017 COCOmag