[楽しい 可愛い 子ども服 と 親子ライフ]のWebマガジン

子どもたちが登場する可愛い&感動的なCMムービーをピックアップ

 

情報収集のために、いろんなブログやWebサイトをチェックしているCOCOmag編集部。今日はそんな中で見つけた、子どもが登場するちょっと良い感じのCMムービーを紹介します。


昨年12月にアップデートされた、Windows8。パソコンが苦手な人でも、タッチパネルでシンプルに操作できるのが特徴です。そのシンプルさをアピールするために、ポルトガル・リスボンのパソコンショップ店頭で行われたのが、こんなプロモーション。

スタッフ「よろしければ、少しデモンストレーションしましょうか?」
お客さん「ああ、お願いしていいですか?」
スタッフ「では担当者を連れてきますので、少しお待ちを…」
そうして現れた担当者がWindows8のデモンストレーションを始めるのですが…

子どもでも簡単に操作できる、それくらいシンプルな操作性を、子ども店長…ではなく子どもスタッフが説明しているのが可愛い。お客さんも初めは「えっ?君が説明してくれるの?」という反応なのが、説明が進むにつれてフレンドリーな雰囲気になっていくのが伝わってきますよね。

最後のシーン、「どれくらいメモリーが必要なのかな?」というお客さんの質問に「それについて分かるスタッフを連れてきます」と子どもスタッフが連れてきたのは…っていうオチも可愛い。


こんなふうに子どもたちが大人のまねをしたり、頑張っている姿は微笑ましいもの。でも、そんな頑張る子どもたちを支えているのは…

昨年のロンドンオリンピックの際に、P&Gが制作した企業CMのムービー。活躍するアスリートたちを支えてきたのは、家族であり、ママであるはず。そんなママの毎日は、最後に流れるテロップの通り「世界で一番大変なお仕事、それは世界で一番素敵なお仕事」。

このCMには続編もあって…

どんな一流のアスリートでも「ママにとっては、彼らはいつでも子ども」。子どもを見守るママの愛情があってこそ、子どもは育つものなんですよね。


そんな愛情はもちろんだけど、持って生まれたスーパーな能力で活躍するんだ! というユニークなCMムービーがこちら。

紙飛行機を飛ばすのが上手だった男の子や、トラブルを余地できる能力を持った女の子、あらゆるものをキャッチできる男の子、などなど。

そんな特殊な能力を持つ子どもたちが大人になって就職したのは、Viergin atlanticというイギリスの航空会社。それぞれの能力を活かして、日々業務に励んでいるそうな。こんなパイロットや客室乗務員さんがいるのなら、一回乗ってみたいですよね(笑)。


次に紹介するのは、日本でも発売になったGoogle製ミニタブレットのCMムービー。

ちょっとつまらなさそうにしている女の子と、そのパパ。女の子がつまらなさそうにしている理由は、ママが出産で家にいないから。やがてタブレットを使ってママや生まれたばかりの下の子と対面したり、ベビーベッドの周りに動物園みたいな飾り付けをしてみたり。

お姉さんになった女の子の、心の動きが伝わってくるな〜と微笑ましくなるムービーです。


Googleはサービスや製品ごとにいろんなCMを作っていますが、個人的にはどれもうまいな〜と感じています。次に紹介するCMムービーは、その中でもベスト3に入るもの。

生まれた女の子のメールアドレスを作って、節目ごとに娘への手紙をメールで送っているパパ。女の子が大きくなって何年分ものメールを見るときには、あらためてパパの愛情の深さを感じるはず。

見終わった後にちょっとジーンとしちゃう、そしてこんなメールの使い方があるのか〜というちょっと新鮮な発見ができるムービーです。


というわけで、今日は子どもたちが登場するちょっと楽しい、そしてちょっと優しい気持ちになれるCMムービーの紹介でした。

いろいろ調べていると、いろんな国のいろんな子どもCMムービーが見つかるものですね〜。今日紹介しきれなかったCMムービーは、また次の機会に紹介する予定です。お楽しみに。

*COCOmagで制作したムービーはこちらでまとめてチェックできますよ。
 COCOmag YouTubeチャンネル
©2018 COCOmag