[楽しい 可愛い 子ども服 と 親子ライフ]のWebマガジン

大胆な色使いとグラフィックのベルギーブランド anne kurris

今日はベルギー発のキッズブランドを紹介。グラフィックデザイン出身のデザイナーが手掛けるブランド・anne kurris(アンネ・キュリス)です。

ベルギー・アントワープ出身のanne kurrisさんは、アントワープ王立芸術学院や、セントルーカス大学アントワープ校といった名門校でグラフィックデザインを学んだ後に、同じアントワープ王立芸術アカデミー出身のデザイナー ドリス・ヴァン・ノッテンのカタログや、ファッションマガジンのグラフィックデザインを手掛けてきたという経歴の持ち主。

そんな彼女自身の名前を冠したこのブランドがスタートしたのは、1998年のこと。それ以来、ポップカルチャーとヨーロッパの自然からインスパイアを受けつつ、明るい色の組み合わせや大胆なグラフィックで独自の世界観を提案しているんです。

2012-13 A/W シーズンは、こんなコレクション。





ここ数シーズンのトレンドでもあるアニマルグラフィックに、ビタミンカラーや明るい色を大胆に組み合わせたコレクション。落ち着いたトーンになりがちな秋冬シーズンをポップに演出する着こなしは、子どもだからこそ楽しめるものですよね。


そして2013 S/Sシーズンは、こんなコレクションを展開予定。





(2013 S/S imagephoto by Achim Lippoth)

ネオンカラーや大胆な花のグラフィックなど、シンプルなデザインだけどインパクトのあるものばかり。春から夏にかけてのウキウキした気分を、さらに盛り上げてくれそうなコレクションが展開される予定です。

●anne kurris 
 HomePage → http://www.annekurris.com/
 *日本未発売(2012年11月現在)
グラフィックデザイナーとして華々しい経歴を持ち、今でも出身校などでグラフィックデザインの教鞭をとっているというanne kurris。

ドリス・ヴァン・ノッテンやウォルター・ヴァン・ベイレンドンクといった「アントウェルペンの6人」と呼ばれるベルギー出身のファッションデザイナーたちとも親交があるという彼女らしく、見ているだけでもワクワクするような、楽しいデザインを毎シーズン展開しています。

一見異質なものどうしをミックスして、トータルで華やかに見せるその着こなしは、普段の着こなしでも参考にしたいもの。子どもにしかできないコーディネートの楽しさを、あらためて教えてくれるブランドです。

©2017 COCOmag