[楽しい 可愛い 子ども服 と 親子ライフ]のWebマガジン

REPORT : LOOP KIDS TRADE SHOW (2012/8/7-10)

8月7日〜10日の日程で開催された、インポートブランドの合同展示会「LOOP KIDS TRADE SHOW」。代官山の展示会スペースを会場に、COCOmagでもよく紹介しているインポートキッズブランドや雑貨など、50近い数のブランドが出展されました。

今回はインポーター&ショップの計9社が、それぞれの取り扱いブランドを出展。COCOmagは展示会のDM制作をお手伝いしていることもあり、毎回足を運んでいます。会場の雰囲気はこんな感じ。

“Olympic glasses from Ruth at tee-peejr”

(あ、出展社の皆さんは普段からこんなの付けてるとか、ちょっとオリンピック見過ぎてるとか、そういうわけではありません…(笑))

今回のLOOPは、「え、あのブランドが?」みたいな新鮮な驚きが多かったのがの全体的な印象。


オーソドックスな印象だった北欧ブランドがエスニック的な柄を取り入れていたり、もともとトレンドに敏感だったブランドが、より大人服的なアプローチをしていたり。

そして上質な素材を活かしたシューズや小物、雑貨やスキンケアアイテムなどが出展ブランドの中の一定の割合を占めるようになっているのもポイント。

定番に合わせて遊び心を出せる小物や、トレンド的なスタイルの足もとを引き締めてくれる定番ブランドのシューズ、ママにも子どもにもオススメのスキンケアなど、ショッピングを楽しむママが合わせて購入しやすい“プラスアルファ”なアイテムが充実していました。



そして今回は、スウェーデンのキッズブランド・SHAMPOODLE(シャンプードル)のスタッフ・ハソックさんも日程を合わせて来日。

「日本語はちょっとできない…」とか言いながら、かなり日本語上手なナイスガイ。日本の子ども服マーケットについて、いろいろ吸収して帰国されたそうなので、来々シーズンは日本の子ども服マーケットの特徴も取り入れたアイテムが誕生するかも…!?


今回の展示会で出展されたブランドやアイテムが店頭に並ぶ来年の春には期待していてもいいですよ、と言えるコレクションが数多く集まった今回のLOOP KIDS TRADE SHOW。

いろんな国や地域のキッズブランドが日本でも手に入るようになって、“インポートブランドだから”というだけでアピールできる時期はとっくに過ぎてる中で、なぜこのブランドを日本で紹介したいのか、なぜこのアイテムをオススメしたいのか、という理由や思いをキチンと持っているインポーターさんやショップさんのラインナップには、やっぱり説得力があるな…とあらためて感じた展示会でした。


[EXHIBITION DATA]
期間:2012年8月7日(火)〜10日(金)
場所:代官山ヒルサイドウエスト内サロンウエスト&ギャラリーウエスト
出展:(今回の出展社についてはこちらをごらんください)

●LOOP×COCOmagスペシャルページ

©2017 COCOmag