COCOmag

menu

グラフィカルなデザインの木のブロック&積み木 miller goodman

この記事は2年前以上前に書かれた記事です。情報が古くなっている可能性があります。

今日紹介するのは、グラフィカルな木のおもちゃ。イギリスを拠点に活躍するデザイナーチーム・miller goodmanがプロデュースした木のブロックと積み木のおもちゃです。

Zoe Miller と David Goodman の二人からなるmiller goodmanは、イギリスのブライトンが拠点のデザイナーチーム。イギリス政府の美術コレクションを管理するTateギャラリー向けに絵本をデザインするなど、さまざまな活動を行っています。

そんなmiller goodmanが手掛ける木製のおもちゃは、シンプルなグラフィックのブロックや単純な形の積み木を組み合わせることで、いろんな顔や模様、そして形を無限に作り出せる奥の深さが魅力なんです。

例えば、このFaceMaker

名前の通り、いろんな顔を作り出せる木のブロック。パッケージの中には、白・黒・赤・木の地肌で塗り分けられたブロックが25個。

ひとつひとつのブロックは、面ごとに違う色や模様が描かれています。

それをうまく組み合わせれば…

赤毛の女性のできあがり。違う組み合わせで…

なんだか眠そうなコックさん。目の向きを変えるだけでも表情が変わるし、直線・曲線の組み合わせでいろんな輪郭やキャラクターが作れちゃう。


続いて紹介するShapeMakerは、ブロックをカラフルな色使いにして動物や簡単な風景も作れるようにしたブロック。

こちらのブロックも25個のそれぞれの面にいろんな柄と模様が描かれています。

それを組み合わせて…

ガオーッと吠える猛獣を作ってみたり。FaceMakerよりもカラフルだから、より想像力も高まりそう。


そしてさらに自由に遊べる積み木のおもちゃが、このPlayShapes

こちらはいろんな形のピースが74個入り。四角い枠にとらわれずに、さらに自由な形を作り出せます。

真っ赤なほっぺのお猿さん、とかね。


ちなみに今日紹介した木のおもちゃを使った可愛いストップモーションムービーが、miller goodmanからyou tubeで公開されていますよ。

遊び方は説明しなくてもいいくらいに簡単、それでいて大人もハマってしまいそうな奥の深さ。そして、できあがった作品はすぐに崩すのがちょっぴり惜しくなっちゃう楽しくて刺激的なグラフィック。

miller goodmanの木のブロック&積み木は、シンプルな見た目とは裏腹に、考え抜かれたデザインの素敵な木のおもちゃです。


・FaceMaker ¥7140
・ShapeMaker ¥7140
・PlayShapes ¥14490



●商品についてのお問い合わせ
日本代理店:BCBasics ホームページ → BCBasics


●miller goodmanの商品をお取り扱いのショップ様へ…COCOmag商品画像提供サービスのお知らせ



©2017 COCOmag